北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

金沢までの交通

株主優待で金沢へ:かがやきも境界駅まで割引,得なのはグリーンと山陽・東北からの長い利用

北陸新幹線はJR東日本と西日本にまたがるため,どちらの株主優待も境界駅で切られます。そこを通過する「かがやき」でも,境界駅で分割された特急券で割引かれますが,あまり得ではありません。得な使い方は,グリーン車と,山陽・東北からの長距離利用です。

JRの東京→金沢ツアー(日帰り・宿泊付)が,前日18時まで予約,当日乗車前に券売機で受取可に

JR東日本の北陸向けツアーも,2017年6月から,えきねっと予約後,指定席券売機で受取れるようになりました。前日18時まで購入でき,当日乗車前の発券で間に合います。このツアーでは,2人以上なら金沢日帰りも設定されていて,新幹線の割引きっぷで最安です。

金沢→吉祥寺の乗車券は,東京都区内までと同額なのに,有楽町,渋谷,新宿と途中下車して行ける

北陸新幹線の乗車券で,金沢→東京都区内と金沢→吉祥寺は同額です。東京都区内までの乗車券は,都区内で最初に下車した駅で回収されます。しかし,吉祥寺着にすると,山手線内などを大回りでき,途中下車も可能。その実例と注意点の説明です。

東京駅の東海道↔東北・上越・北陸の乗換改札に残る壁:モバイルSuica特急券やEX-ICの利用不可

東京駅には東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線を直接乗り換えられる改札があります。各新幹線ではモバイルSuica特急券やEX-ICなどが便利ですが,この改札では両方とも使えません。両新幹線がJR東日本とJR東海に分かれていることが生む,都心の壁です。

東京から軽井沢:速いはくたかには,えきねっとトクだ値がないが,JR西日本のeきっぷなら約1割引

東京から軽井沢の北陸新幹線は,JR東日本の運行ですが,JR西日本の割引きっぷも発売されていて,東京駅などで受け取れます。JR東日本のトクだ値がない列車(はくたか全てとあさまの完売後)は,JR西日本のeきっぷが,紙のきっぷで最安になるという裏技です。

4月15日から金沢駅がICOCA, Suicaなどに対応:クイックチャージは可,オートチャージは不可

2017年4月15日から金沢周辺の在来線でもICOCAが導入されます。金沢はJR西日本の駅で,好みのクレジットカードを登録するSMART ICOCAなら,クイックチャージに対応。一方,Suica,PASMOのオートチャージはできません。

携帯のエリアが高崎から1駅先へ延伸,2017年3月には石川・富山の全線でも利用可に

北陸新幹線ではじめて,トンネル内の基地局工事が完成。つながるのは,東京・高崎が東京・安中榛名までに。金沢-富山・新潟県境は,2017年3月完成予定。

4月23日は,鯖江に大阪行最終の特急が臨時停車,鯖江2140→2327大阪です

2016年4月23日は,鯖江駅に京都・大阪方面の最終となる特急が,2140に臨時停車します。乗り換えて三ノ宮・姫路・奈良まで到達できます。

サンドーム福井へのアクセス,速いのは東海道,安いのは東海道・北陸の一周ルートか羽田・小松便

サンドーム福井(鯖江駅下車)への東京周辺からのアクセスで,ダイヤ,料金を比較しています。速いのは東海道経由ですが,早期の購入なら羽田・小松便が安く,ダイヤによって新幹線の一周ルートも要検討。鯖江・福井・金沢すべてSuicaが使えませんので,乗車…

10,11月の乗客は1日29000人,前年比3倍を維持,JR東西とも過去最高益で西は増配へ

北陸新幹線の乗客数について2015年12月までの推移をまとめ。JR西日本は過去最高益で増配へ。さらに,昨年の在来線の乗客数を,北陸から見て東京方面と,大阪・名古屋方面で整理して,関西まで完成時の乗客増を考えます。

北陸新幹線かがやき号で携帯は,東京駅発車後52分間と長野駅周辺の約13分, 富山平野の約20分で利用可能

北陸新幹線で,携帯・スマホで通信ができる区間の目安を,かがやき号の通過時刻を打ったGoogleマップで紹介。東京から50分の他,長野駅周辺、富山平野で各10分以上通信ができます。

居酒屋かがやき,甘えびお造り398円,純米大吟醸1合500円(税抜)から

北陸新幹線で飲むための刺身を仕入れるスーパーが,金沢駅ビル2階に。あんとには,有料で試飲のできる金沢地酒蔵も。駅周辺のホテル宿泊時の部屋呑みでも使えます。

6月の乗客数は1日25000人,航空便は4割減で下げ止まるか

7月なかばまでの北陸新幹線の延伸区間の利用実績をまとめています。1日2万人台後半を維持で,年間1000万人が視野に。その間の羽田・小松,羽田・富山便の搭乗者数とも比較。両区間とも4割減ですが,小松便ではJALのシェアがANAを逆転しています。

開業以降通算で1日平均26000人,5月の連休明けも1日24600人の利用を維持

北陸新幹線の利用客のデータが,JR西日本から記者会見や月次速報などで続報されているので,以前のブログ記事に書いた開業直後の数字に加えてみます。 5月の連休は後半に利用が集中し,そこで開業以来のピークをつけました。需要の底が試された5月の連休明け…

50歳以上なら,22000円で東京↔金沢を往復できる割引きっぷ:東京・大宮発は福井までこれだけで

北陸新幹線には,50歳以上の会員限定に格安な割引きっぷが登場。東京から金沢への単純往復でも安い上に,広大なフリーエリア付です。東京発では福井まで最安のきっぷになります。

東京から京都や大阪往復で,帰りに金沢に寄ってもプラス数百円

乗車券は,長くなるほど1km当たりの運賃が安くなります。一周するルートの乗車券は1枚にできて,意外な安さに。それが効くのが,東京・関西間で片道を北陸経由とする場合。はみ出す山科以西の往復が別計算でも,東海道往復とあまり変わらない安さです。

東京から福井往復は,東京→米原→福井→金沢→東京と一周すると安くなる

東京から福井の片道は,開業した北陸新幹線よりも東海道新幹線米原乗り換えが安く,やや速いです。しかし,片道は東海道,片道は北陸と一周すると,乗車券は通しの一枚に。運賃の遠距離逓減制が強く効いて,東海道往復よりも安くなります。

開業日から3月末日までの利用状況は,前年の在来線比2.73倍と堅調

乗客数の動向はJR西日本の投資家向けページで月次で速報 「北陸新幹線,利用者数」といった検索ワードが続いています。まったり旅ブログを目指していたのですが,報道も平穏になり,他にこんなことをフォローしているブログもないようで,記録のために書いて…

乗客数は盛岡以北,越後湯沢以北を超えたが,多めの空席は群馬・埼玉の通勤輸送に対応する長編成のため

開業後の利用状況がJR東日本・西日本から揃って公表されました。 北陸新幹線長野~金沢間開業後のご利用状況について: JR東日本,JR西日本 まとめると, 上下合計(人) 3月14日(土) 3月15日(日) 3月16日(月) 高崎・軽井沢(間) 53500 51200 39000 上…

帰りの金沢駅,茶会終了後の写真や乗り換え改札など

お茶会の場所 私用のため,駅を出る12時前に立ち寄れなかった,2000人分のお菓子とお茶の席を,終了覚悟でのぞいてみると,こういう構えでした。 実は,14日土曜日が裏千家,15日日曜日が表千家という格式高いイベントだったようです。どこかで書いている人…

開業日,東京から,かがやきで向かう金沢

開業日,3月14日朝の東京駅日本橋口 残席表示は,北陸新幹線が軒並み満席。意外と上越新幹線も満席なのに,なぜか東北新幹線に空席が目立つかな。 先行するはくたか555号の出発 金沢発一番列車の東京駅入線。インタビューのため,テレビのクルーも複数。 東…

開業日3月14日は午前のピーク時間帯,金沢までほぼ満席が判明で,金沢駅の混雑が心配

開業日3月14日の北陸新幹線の予約は,いったん満席後,時間帯により若干の空席が 本日,開業日3月14日分の特急券発売日で,えきねっととe5489のネット予約サイトで見ていたところ,発売直後は東京・金沢間でほとんどの列車の指定席がいったんほぼ満席になっ…

東京↔金沢の割引きっぷ:モバトク以外で最安は,J-WESTカードのe早特1で,東京駅でも受取り可

北陸新幹線はJR東日本と西日本にまたがっていて,割引きっぷは両社別です。モバイルSuicaがあればスーパーモバトク,それ以外では,J-WESTカード会員のe早特1が最安。JR西日本の割引きっぷでも,東京駅など北陸新幹線停車駅で受け取れます。

Suica,ICOCAなどは,2017年4月から利用可に:金沢での利用箇所と注意点などのリンク

金沢駅の改札では,2017年4月からSuica,ICOCAなどが使えるようになり,券売機でもふつうにチャージできています。しかし,2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業時点では,在来線はまだ自動改札ではありませんでした。その変遷と現在の記事へのリンクです。