北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

ホテル

なぜ金沢でホテルが増えるのか:星野リゾート・リートがもつ金沢駅前のホテルの稼働率と料金

新幹線開業でホテル不足と言われた金沢では,これからホテルが約2000室も建設されます。駅前のシティホテルの1つは星野リゾートがリートで保有していて,稼働率と客室料金が開示されています。その上昇傾向を見れば,ホテルを建てたくなる理由がわかります。

金沢の宿泊,空いているのは冬と7月前半,10月:宿泊客数で見る混雑日・閑散日ランキング

日別の宿泊客数のデータが,開業後1年以上蓄積され,空いている時期がわかるように。宿泊客は12月から1月が底。意外な穴場は,7月前半と10月です。3連休の数日前か後の火水木も,盲点となる日です。

金沢駅兼六園口の金沢都ホテルが建て替えへ:対面は本州の日本海側で地価最高地点

金沢駅兼六園口の角地にある金沢都ホテルが,2020年をめどに建て替えられます。近鉄の公表で,売却ではなく,現地での高層化が確実に。2020年は金沢港口のハイアットも開業で,金沢駅前に2軒のホテルが生まれます。

金沢駅徒歩2分にハイアット・セントリック15階建250室が,2020年3月までに開業へ

金沢駅徒歩2分の市有地に250室のハイアット・セントリックが2020年3月目途に開業。別棟の住居棟には109室のサービスアパートメントも設けられます。

安いまま満室になるホテルいくつかと,割安感のある羽田・小松便のパッケージツアー

新幹線開業後も,価格をあまり変動させず,売り切るタイプのホテルも駅近に何軒か。街中の共済組合のホテルも安いまま。電車で11分の松任駅前も,東京からは金沢と同運賃の穴場。減便の瀬戸際にある航空会社のパッケージは,かなりのバーゲン価格です。

ホテルの客室稼働率は上昇,全国平均に戻すには530室程度の増設が必要

石川県のホテルの稼働率は前年比9%ポイント増。そのうち,全国平均の変動を上回る5%ポイント分程度が,新幹線効果分とみられます。価格を下げるために,全国平均の稼働率を目指すなら,単純な想定であと530室程度が必要といえます。

宿泊客数は他の地方都市並みに増加して,国内15位へ:宿泊者数都市別ランキング

新幹線で東京方面からの旅行客が増え,金沢のホテルに関する論評も増えています。気になったので,客観的にわかることを書いておきます。 結論として,宿泊客数の政府統計では,地方都市の中で平均的な伸び。他の地方よりも伸びている印象は,平日まで合計さ…

駅東口側ホテルからの新幹線高架の様子とお別れの列車

新幹線開業に関連する検索が多いので,手元にある昔撮った写真などから。 ANAクラウンプラザホテル金沢に宿泊した際の,線路と反対側で北よりの部屋から。線路と反対側に外に膨らんだ形状なので,新高岡側からの新幹線の高架橋のアプローチの様子がわかりま…

金沢のシティホテル,どこに泊まるか

ネット予約サイトでは全体像がわかりにくい金沢市内のホテルを,シティホテルの価格の高い方から順に挙げてみます。この年齢になると,下記のいずれも,どこかで利用経験ありでして,思いつくままコメントを。なお,シティホテルの範囲として,(昔はバーが…