読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

新幹線が金沢を女子旅の街に:宿泊客は男性より女性が伸びて,女性の割合は京都・奈良の水準へ

観光スポット

彼女が行きたいと言ったから

突然ですが,まずはこの方のインタビューを。

どうして金沢かというと,「彼女が行きたいと言ったから」だそうです。

映像では,記憶に残ったものがありのままに答えられていて,いい感じ。やはり定番の,庭や城(palaceと言われてましたが),そして茶屋街に行かれたようです。

誘われてちょっと金沢まで,でよいのです。それが今度の週末でもと気軽になったのが,新幹線の絶大な効果です。

昔旦那衆の街,今女子旅の街

金沢に3つある茶屋街の中で,最も客を集めるひがし茶屋街。それは女子旅の街になりました。3月の平日,みぞれの日の様子。

金沢のひがし茶屋街では女性の観光客が増え,着物のレンタルの利用も多い(2017年3月の平日・みぞれ)

同じ3月の平日で晴れの日はこちら。天候がよいと,写真もきれいにとれ,人出も増します。

金沢のひがし茶屋街では女性の観光客が増え,着物のレンタルの利用も多い(2017年3月の平日・晴れ)

和服のレンタルと着付けのできる店が増えて,若い女性ほど街歩きの楽しみになっています。着こなしもさまざまで,それをスマホで記念撮影や自撮りすることが,SNS時代の付加価値です。

グループから一人旅まで女性が多く

写真のように,現在のひがし茶屋街で多いのは女性のグループで,次がカップル。さらに,女性の一人旅もよく見ます。片方向毎時4本(両方向で毎時8本)が循環する周遊バスで金沢の観光地を一通り回れることが,一人旅も気楽にしています。

また,茶屋街の昼のカフェなどは,人の流れから推測される通り,多くが女性。予約が必要なレベルの鮨店でも,女性一人旅を見かけるようになりました。カフェ,割烹,鮨店などのカウンターは,人数によらず横並びで,おひとり様が浮くことがなく,実は気が楽です。

工芸品店はお連れ様以外ほぼ女性

そして,女性比率がもっとも高くなるのは工芸品店で,ほとんどが女性客とそのお連れ様です。

石川県には,人間国宝や文化勲章などの重鎮を擁する輪島塗,九谷焼,大樋焼などの産地があります。そして金沢では,国内の生産シェア約99%をもつ金箔が作られます。また,公立美大では全国でも3番目と,戦後早い時期に創設された金沢美大に,工芸系の学科が充実。さらに,金沢市立の卯辰山工芸工房で,若手作家の育成が続きます。

そういう背景で,普段使いのできるかわいい器が千円前後から揃います。茶屋街や金沢駅のあんとなどにもお店があって,予算に応じた品が選べることが,女性に受けているようです。

経産省のデータで男女別の宿泊客数がわかる

さて,本当に金沢は女子旅の街になったのか。宿泊客の地域別統計でもっとも使われる観光庁の宿泊旅行統計調査では,調査票に性別の項目がなく,調べようがありませんでした。

一方,経済産業省が2015年12月から公表している観光予報プラットフォームは,各種宿泊予約チャネルで得られたビッグデータから宿泊客数を推計したもの。予約時の情報を利用するため,大規模な宿泊統計ではじめて性別の宿泊客数がわかります。

女性の方が伸びている金沢の宿泊客

その月次集計を用いて,金沢の男女別の宿泊客の推移をグラフにしたのがこちら*1

金沢市の男女別宿泊客数を北陸新幹線開業前後にみた推移

開業後の宿泊客は,男性に比べて女性が大きく伸びたことが,よくわかります。開業前は,宿泊客の男女差はあまりなく,女性が増える3月と夏から秋でも,せいぜい10%ほどでした。

それが新幹線開業後には,女性と男性の差が拡大しています。客全体が落ち込む12月,1月以外は,女性は男性より毎月5万人ほど多い情勢。大人の宿泊客に占める女性の比率は,60%を超えました。男性は40%未満で,その差が2割ついています。

代表的な地方都市とリゾートの女性比率は

遅れてやってきた新幹線ですから,気になるのは,観光で思い浮かぶ他の都市の女性比率。そこで,観光に注力する都市いくつかの宿泊客のうち,女性の比率をグラフに描いてみます。

女性の宿泊客が多そうな場所としては,街中観光の都市だけでなく,リゾートも考えられるところ。そこで,ビーチ,高原とアウトレット,テーマパーク,温泉の代表格を入れてみました。知名度の高いところで,リゾートホテルが集中する沖縄県恩納村,長野県軽井沢町,浦安市,そして新幹線駅すぐの有名温泉地である熱海市を比較しています。

女性の比率と大人の比率で散布図を描くと

ところで,この調査では,子供(宿泊が子供料金となる小学生以下)の性別がわかりません。リゾートでは子供の割合が高く,それも比較したいところ。そこで,都市ごとに,女性の比率を横軸に,大人の比率を縦軸に描いた散布図がこちら。

国内の地方都市や代表的な観光都市の宿泊客のうち女性の比率と大人の比率の関係

右に行くほど女性が多く,上に行くほど大人が多いことを表した図。右上ほど女性・大人の観光地であることを意味します。

きれいに読み取れるのは,金沢が京都と奈良の特性(女性・大人の観光地)に近づいたこと。新幹線開業前後の比較のために,金沢だけ開業前の位置も入れています。以前の金沢は,地方都市の平均的な位置でしたが,開業2年で京都・奈良の近くへと進みました。

金沢は地方都市の平均から京都・奈良へ近づく

全般的な傾向として,ビジネスの宿泊に加えて,女性に人気の観光スポットが増えるほど,女性比率が高まります。たとえば,世界遺産登録をひかえる歴史ある教会や,グラバー園のある長崎市の女性比率は,やや高い方。佐世保市のハウステンボスのための長崎市宿泊も多いでしょう。新幹線開業前の金沢は,道後温泉と江戸時代の天守の残る松山城などが見どころの松山市と同じポジションでした。

とりわけ,長崎市や松山市が気になる理由は,両市も人口が40万人台の後半で,金沢市と人口と財政力が同水準。できることと無理なことが似ていて,勉強になる都市です。観光資源にも類似性があって,江戸時代前後からの建築物や街並み,漁港があって魚介類が豊富,独特の料理やお菓子などです。

一方で,仙台や新潟は,女性より男性の割合が高い宿泊地であることがわかります。すでに内部の情報でわかっていることと思いますが,JR東日本が首都圏からの新幹線の旅を訴求するなら,この男女差は重要。現状では,仙台・新潟には男性向けのツアーを,金沢には女性向けのツアーを企画するのがよさそうです。

有名観光地で女性が多いのは浦安

もっとも,有名どころで女性の比率が最高になるのは,街中観光の都市ではありません。ディズニーリゾートを擁する浦安で,大人の宿泊客のうち,女性は66.5%,ほぼ3人に2人です。全市町村を比較したわけではありませんが,知名度の高い旅行先では,浦安が女性比率が特別に多い宿泊地といえそうです。

ただし,散布図でわかるように,リゾート全般に子供を連れた家族旅行も増えるため,同じく女性が多い京都・奈良とは客層が異なります。当然ながら,リゾートでは,ファミリー向けのサービスが重視されるところ。逆に京都・奈良そして現在の金沢では,それが手薄なところです。

女性の比率は開業2年目も増加,秋は京都の水準へ

開業前後で女性比率が10%ポイントも上昇したことについて,その経過がわかるようなグラフを最後に。大人の宿泊客のうち女性の比率の推移を,京都と金沢で比べたものです。

宿泊客のうち女性の比率の推移(京都市と金沢市の比較)

新幹線開業までは,10%ポイントの差がありました。開業後に詰めていって,現在の差は数%ポイント。客数全体としては反動減のある開業2年目も,女性の比率は微増傾向です。

女性比率のピークは11月で,京都と同傾向

差がもっとも小さくなるのは,兼六園など街中の紅葉が美しく,かに漁が解禁となる11月。そこが女性比率が最も高くなる月です。建物や庭園だけでは,千年の都にはとてもかないませんが,そこに紅葉,プラス他にない魚介類とその料理があると,「合わせ技」で迫れることがわかります。

女性が増えた原因は:観光資源に大きな変化なく

女性の比率が高まったことは事実として,疑問が残るのは,その理由です。新幹線が開通してから,文化財が発掘されたり,街並みが急に整備されたわけではありません。

新幹線開業前後で,新しい景観が整ったのは,玉泉院丸庭園かなざわ玉泉邸ぐらい。増えた観光客が全員,これら新しい観光スポットに行ったのではありません。両方とも定番のコースから少し逸れるところで,兼六園やひがし茶屋街,21美とは異なり,SNSであまり写真を見ません。

増えた新店は女性客増加の原因ではなく結果で

ひがし茶屋街と主計町かずえまち茶屋街には,新幹線開業前後から,鮨,和食,カフェ,酒,工芸品などの新店が,あわせて2桁ほどできました。ただし,これらは茶屋建築の内部のリノベーションがほとんどで,開業前後で伝統的な街並みが蘇ったのではありません。

この点は,店の増加と女性客の増加の因果関係が逆で,女性が訪れる街になったから,女性向けの新店が増えたと考えるのが正しそうです。

原因は首都圏から見た競合観光地との特性の違いか

女性が増加したのはグラフのように新幹線開業後。観光地側の店の変化が需要に合わせた結果とすれば,原因はやはり交通機関の進化(速さと乗り換えなし)でよいのでしょう。それに加えて,首都圏を起点としたときに競合する観光地の中で,金沢の観光スポットや食と工芸などが,比較的女性向きであったことが効いていそうです*2

それなら,女性が増えたことは一時的ではなく構造的な変化で,ホテルなどでは客室やサービス,飲食店ではメニューやサービスなどの進化が,次の課題です。

女性が増えたことに応えるなら

たとえば,下の写真は,ひがし茶屋街の和カフェの新店で,最近出されるようになった抹茶アフォガード。温かい抹茶を,冷たいアイスクリームにかけて楽しみます。

金沢・ひがし茶屋街の和カフェ・波結(はゆわ)にある,抹茶をアイスにかけて楽しむ抹茶アフォガード

若い女性が増えるほどに,リーズナブルなメニューも求められるなか,その範囲で写真も楽しめる趣向は大切と思われます。そしてこちらも,ひがし茶屋街の新店。

f:id:KQX:20170321215329j:plain

茶屋街には珍しい新しい庭に,ガトーとスパークリングワインが映えます。これも女性向けの進化です。日本料理で言えば,接待に向く伝統的な個室での懐石料理より,上質なカウンター割烹や居酒屋が混んでいるのも,その志向でしょう。

考えてみれば明日が,新幹線開業2周年。桜の季節も近いので,昨年撮影した主計町茶屋街と浅野川にうつる桜を。

金沢・主計町(かずえまち)茶屋街で,浅野川に映る満開の桜(2016年4月)

この桜が今年見られる頃には,開業3年目。北陸新幹線もこの先,福井・京都・新大阪と人口が集中する大都市へつながります。これまでの整備新幹線で,人口がもっとも多い区間で,思い立った旅行も双方向で増えそうです。

*1:性別のわからない子供(宿泊予約なので子供料金となる小学生以下)を除いています。

*2:開業した北陸新幹線によらず,金沢はもともと関西・中京から直通2時間台で,旅行の候補地でした。それでも,新幹線開業前は,女性客はこれほど多くなかったところ。
  関西を起点に考えると,京都・奈良に歴史的な観光資源が集積するのに加え,山陽・山陰・四国に国宝の城や特別名勝の庭園をもつ城下町が連続します。たとえば,大阪出発を考えると,金沢は,岡山・倉敷・尾道・広島・松江・高松・松山などと,観光資源の種類,時間と費用の点で競合します。
  一方,首都圏を出発地とすると,JR東日本の新幹線沿線の城下町は,それぞれが大きく離れていて,国宝や特別名勝も散在します。金沢と競合する目的地は,西日本ほど連続的ではありません。

4月15日から金沢駅がICOCA, Suicaなどに対応:クイックチャージ可,オートチャージ不可です

ATM・ICカード 駅ナカ・駅近 金沢までの交通

自動改札が新幹線だけだった金沢駅ですが,まず2017年4月1日に,在来線も自動改札になります。続いて4月15日に,ICOCAの発売と,Suicaも含めて券売機などでのチャージが可能になります。

エリアは大聖寺ー金沢ー富山ー越中宮崎と高岡ー新高岡です。この区間外(関西のICOCAエリアやSuicaエリアなど)からの通し乗車はできません。

関西のJR駅と同様の設備に

金沢駅はJR西日本で,今後は関西のJR駅と同じような設備になります。現金でのチャージと利用ではICOCAとSuicaなどで差がありませんが,クレジットカードなどからのチャージには差があります。よく使われるカードとの対応関係は,表の通り。

ICOCAやSuicaなど交通系ICカードのチャージとポイントの対応
  金沢・関西など
ICOCAエリアでの
クイックチャージ
首都圏など
Suica,PASMO
エリアでの
オートチャージ
チャージ時の
ポイント
自社エリア
乗車時の
ポイント
ICOCA × × × ×
SMART ICOCA
+任意のクレカ
× カードによる
(年会費不要のもので~1.25%,
必要のもので~1.5%*1
×
SMART ICOCA
+ J-WESTカード
× 0.5% 0.5%
Suica × × × ×
Suica
+ビューカード
× 1.5% ×
モバイルSuica 端末操作で
チャージ可
ビューカード
が必要
ビューカード: 1.5%
ほかはカードによる
×
Suicaアプリ
+Apple Pay
PASMO × 会社とカードの組合わせによる
PiTaPa 金沢ではJRバスと
まちバスで可能*2
×
ICa(北陸鉄道) 交通系ICカードの全国相互利用に未対応

SMART ICOCAならクレジットカードからのチャージ可能

好きなクレジットカードを登録できるSMART ICOCAなら,現金不要でクレカからのチャージ(クイックチャージ)が可能。それは,新しい券売機とチャージ機でできます。さらに,J-WESTカードをつくった場合は,チャージ時のポイント(0.5%)とは別に,ICOCAエリアの自動改札による列車利用でもポイント(0.5%)が付きます。そのポイントからもチャージできます。

Suica,PASMOなどのオートチャージは不可

このクイックチャージはSMART ICOCA独自の機能で,SuicaやPASMOなどでは,現金チャージのみ。また,ICOCAエリア全般に,自動改札機でのオートチャージができません。もともと,SuicaやPASMOにオートチャージができるのは,Suica,PASMOエリアだけです。大阪駅でも名古屋駅でも,Suica,PASMOのオートチャージはできません。

券売機

金沢駅の福井方向(JR)と富山方向(IRいしかわ鉄道)の券売機です。

f:id:KQX:20170308042438j:plain

券売機が更新されたので,3月現在のものに写真を改めています*3。すでに,公式サイトのSMART ICOCA対応券売機と同じのものを設置済み。チャージと新しいICOCA発売の機能は4月15日から利用できます。また,各券売機の対応区間が,路線図の赤枠・青枠で描かれました。IRの券売機ではIRを含まない区間は買えませんが,逆は買えます。

ICOCAはJR西日本に共通の図柄のもののほか,IR発行の別デザインのものが作られます*4。IRの窓口によれば,4月15日からそれぞれのデザインのものが,各券売機にセットされるとのこと。

なお,自分のクレジットカードでチャージできるSMART ICOCAの発売は,ネットか郵送の申込みが基本で,窓口での購入は通常は大阪駅だけです。4月15日,16日には金沢駅に入会キャンペーンの特設ブースができて申込みができますが,その場での受取はできません。

 

在来線改札出口

在来線からの出口改札は,この方向だけ。改札を出て右が兼六園口,左が金沢港口です。

f:id:KQX:20170221172712j:plain

柱の脇に,ICOCA,Suicaなどに対応したのりこし精算機が設置されました。公式サイトの機能説明のように,磁気券の精算のほか,Suica,ICOCAなどで残額が足らない場合などに,ここでチャージができます。

SMART ICOCAなら,この機械で,現金不要でクレジットカードからのクイックチャージができます。J-WESTカードのポイントからのポイントチャージ機能も搭載。前述のように,Suica,PASMOのオートチャージ機能はありません。奥は自動改札の設置工事中です。

在来線→新幹線乗り換え改札

中2階部分で,在来線から新幹線に乗り換える改札です。

f:id:KQX:20170221171842j:plain

開業時から稼働している自動改札の在来線側に,写真のチャージ機が設置済み。新幹線側にはありません。こちらもクイックチャージ機能搭載のもの。ただし,磁気券の精算機は,現段階で設置されていません。

乗り換え改札の窓口と券売機は最小限で混雑に注意

みどりの窓口も指定席券売機もない駅からの乗客など,新幹線のきっぷがない人のために,上の写真の右横にみどりの窓口と指定席券売機(JR西日本ではみどりの券売機の愛称)があります。下はGoogleインドアビューで,チャージ機がない時期の撮影です。

金沢駅から先に有効な乗車券がなくここまで来た場合,その精算もこの窓口で。

ただし,指定席券売機1台,窓口1つの体制で,列ができると購入まで長い時間がかかります。大型連休や大きなイベント時は,事前の購入・発券が無難です。また,モバイルSuica(iPhoneではSuicaアプリ)なら,端末操作だけで新幹線の特急券の購入・受取りとチャージができるので,混雑時には役立ちます。

金沢百番街あんとへの改札口

金沢百番街のうち,おみやげ物や飲食店が揃うあんとへ直接入れる改札口です。(新幹線側にはなく)在来線中2階部分だけですが,新幹線からは,在来線への乗換改札を通るとここに来られます。東京などから金沢駅までの乗車券と特急券でも,大丈夫です。帰りも,ここから在来線に入って,新幹線乗換改札を通って新幹線に乗れます。

f:id:KQX:20170221191112j:plain

写真左側の機械のように,ICカードのタッチ専用で,ゲートのない自動改札機が設置されました。右側の機械は,出口改札と同様の精算機で,磁気券での乗り越しや,カードの残額が不足する場合のチャージにも対応します。SMART ICOCAのみ,クイックチャージ対応です。

一方,紙のきっぷの扱いは,現在同様に有人改札で,この写真左手のあんと側の窓口です。この配置では,ICOCAやSuica利用者と磁気券利用者が交錯しそうで,人の流れが気になります。

現在,この改札は窓口に1名での対応。改札外側には,乗車券と自由席特急券だけを扱う券売機1台だけで,自動改札化でどうなるかと思っていましたが,拡張も縮小もしないようです。

2022年度中に,新幹線は福井方面敦賀まで延伸する予定。JR西日本の方針では,大阪・京都・名古屋からの在来線特急は敦賀止まりとなり,金沢までは来ないため,これから在来線側の設備の拡張は抑えたいところでしょう。

おみやげとレストランエリアへの最短経路

この小さな改札口の先,エスカレーターを降りたところは,おみやげ物のエリアで,和菓子と加賀棒茶,工芸品あたり。さらに直進で,和食,鮨,おでん,居酒屋なども通し営業しているレストランエリア。駅ナカでの食事なら,最短経路はこの改札口です。

駅南側の施設・ホテルへの抜け道にも

以上のほか,左手すぐに銀行のATMコーナー(地銀とJAなど),その先は,ANAクラウンプラザホテル金沢,県立音楽堂へ近い出口。左奥には郵便局とゆうちょのATM,その先は,レンタサイクルまちのり,そしてルートイン金沢駅前東横イン金沢駅東口に近い,もっとも南側の出口に続きます。

SuicaとICOCAの差は

金沢駅がJR西日本のクイックチャージ対応になることで,ICカードの利用環境も変わります。この際,カードの見直しや,使わないものの払戻しが考えられます。利用者の多いSuicaとICOCAで差がつくのは,チャージの利便性とポイント還元率です。

利便性:一番使うエリアで現金不要のチャージができるか

利便性なら,よく使う駅で,現金のいらないクイックチャージかオートチャージできることが重要。ICOCAエリアとSuica,PASMOエリアで乗る回数を比べて,多い方をもつのが便利です。それで,ポイントの付かない現金チャージも減らせます。

ただし,モバイルSuicaなら,どこでもチャージできるので無問題。もし手元にPCなどとICカードリーダー(パソリなど)があれば,カードタイプのSuicaでも,Suicaインターネットサービスで,ビューカードなどからのチャージができます。

ポイント還元:ビューカードの年会費無料タイプが高率

チャージ時のポイント還元では,Suicaにビューカードからの1.5%が高率。JR東日本の完全子会社である強みです。そのかわり,Suicaには乗車時のポイントがありません。ビューカードには,ビックカメラSuicaカードなど,前年の利用で年会費無料となるものがあって,それが還元率として最高になります。

ビューカードからSuicaチャージでの隠れたメリットは,1回10000円以上チャージした場合,ネットで金利ゼロでのボーナス一括払いに変更できること。たとえば,12月にSuicaチャージした分の支払いは,そのままでは2月4日となるはずが,金利ゼロで8月4日に伸ばせます*5

ポイント還元:SMART ICOCAには高還元率のクレカを

対するICOCAでは,SMART ICOCAにチャージするクレジットカードとして,年会費無料のものではREXカードLiteの1.25%,リクルートカードの1.2%あたりが高率です。年会費が必要なものまで入れると,REXカードの1.5%などがあります。それらポイントはクレカ側につくもので,乗車ポイントはありません。

年会費無料のカードで比べると,Suicaとビューカードの組合せに対して,SMART ICOCAでは0.25%ポイント低い還元率が最高ですが,ポイントの付かない現金チャージがあると,容易に逆転します。そのため,よく使う駅でオートチャージかクイックチャージできる方を選ぶのが,結局得でしょう。もちろん,モバイルSuicaなら無問題です。

J-WESTカードはチャージの還元率よりも他にメリットが

J-WESTカードはチャージ時0.5%ポイントは標準的なカードと同じですが,自動改札で乗車すれば,乗車ポイント0.5%が付いて,合わせると1%還元です。これは,PASMOやPiTaPaの各私鉄提携カードと同じで,カード子会社をもたない鉄道会社での標準的な還元率です。

なお,SMART ICOCAの発行は1人1枚で,クイックチャージに関して,自分のクレジットカードとJ-WESTカードの選択ができないのが注意点です。後述のように,会員専用の割引きっぷのためにJ-WESTカードを作ると,他に用意した高還元率のクレカからのチャージができなくなります。しかし,会員限定のきっぷの割引率は10%以上と高く,新幹線や在来線特急でそれを買う機会があれば,回収できる差です。

金沢での大手私鉄系カード事情

カード選びに関連して,大手私鉄系のカードの金沢での注意点を。

  • 関西私鉄系のPiTaPaは,金沢のJRバスとまちバスがポストペイ方式で利用でき,事前の設定によりオートチャージができます。両バスは,Suica,ICOCAなども使えますが,北陸鉄道のICaは使えません。
  • 近鉄のKIPSカードでは,貯めたポイントで発券したKIPSクーポンが,石川近鉄タクシーで使えます。ただし,PiTaPaなどICカードの利用やポイント加算はできません。ポイント加算と利用ができた金沢都ホテルは,2017年3月末で閉館し,再開発待ちです。
  • 東急カードでは,スターバックスを含む香林坊東急スクエアの店舗と金沢東急ホテルの宿泊・飲食で,TOKYU POINTが貯まり,使えます(一部のカード不可の店舗を除く)。
  • 名鉄系のmanacaは,Suicaなどと同様にタクシーの石川交通の金沢エリアで使え,μstarポイントが貯まります*6。しかし,名鉄の子会社のデパート・めいてつエムザでは,Suicaなどと同様にmanacaが使えますが,ポイント加算や割引はありません。

Suica,PASMOなどでオートチャージ不可ですが

導入後にいろいろありそうなのが,オートチャージ不可の問題。首都圏では券売機がいつも混雑しているため,Suica,PASMO利用者にオートチャージの設定が普及しています。しかし,それが機能するのは,SuicaとPASMOエリアだけ。他地域の私鉄と対応クレカでのオートチャージ機能も,自社エリア外では原則だめです。

金沢駅までの乗車券で周辺へ乗り換えのためタッチすると

ところで,北陸新幹線でも,乗車券と特急券が一体の割引きっぷ(えきねっとトクだ値など)があります。この利用では,乗車券は金沢駅までで使い終わるため,この先加賀温泉駅などに進むとき,新幹線乗換改札や(いったん出口改札を出た後に)在来線改札でSuicaやPASMOをタッチする方も多くなるでしょう*7。そのとき,残高が少ないSuicaやPASMOでもチャージされません。

残額が初乗り運賃以下でも入場可で,下車駅の改札で気付く

さらに,ICOCAエリアでは,Suica・PASMOエリアなどと違って,残高が初乗り運賃未満でも入場できる仕様。そこで,いつものようにオートチャージされなくても乗れてしまいます。入場時の改札機の残額表示を気にしなければ,降りるときに残高不足に気付いて,?となることがありそうです。

金沢駅の乗降客は,地元以外ではすでに関西<関東となっています。ICOCAエリアの改札では,Suica,PASMO利用者の割合が,富山駅と並んでもっとも多い駅となる予感。オートチャージされないことが,うまく理解されるか気になります。

モバイルSuicaには,どこでもチャージできる優位性

なお,新幹線駅間の乗車券と一体のモバイルSuica特急券で,在来線に乗り継ぐ場合も,同じことが起きます。こちらはスマホだけで,首都圏の駅入場→東京駅などの乗換改札を通過→金沢駅の乗換改札を通過(金沢駅下車で,再び乗車も可)→加賀温泉駅など下車までOK*8。金沢駅の改札ではオートチャージされませんが,モバイルSuicaなら,スマホの操作だけでどこでもチャージできるため,残高不足に気付いたその場で対応できます。

七尾線・和倉温泉方面へは使えません

観光客も多い金沢から七尾線・和倉温泉方面ですが,4月15日以降もSuica,ICOCAなどが使えません*9。金沢駅などの改札をSuicaなどで入場して和倉温泉駅に着くと,そこにはSuica対応の改札機がなく,精算や出場処理ができません。その場合,Suicaの残高とは別に支払いが必要です。

上の例のように,SuicaやモバイルSuicaのタッチだけで金沢駅の乗換改札は通過できるので,七尾線の列車に乗れてしまいます。特急の場合は車内改札,普通列車の場合は目的の駅に着いてから,気付く場合も多そうです。

J-WESTカードの特長は当日購入や変更できる割引きっぷに

ポイント還元率ではビューカードに及ばないJ-WESTカードですが,より大きなメリットは,北陸新幹線などの会員限定の割引きっぷ。席ごとにモバイルSuicaが必要なものと,列車と席数が絞られるものを除けば,前日までの購入ではe早特1,当日の購入や変更ができるものではeきっぷが最安です。その比較は過去記事に。

東京―軽井沢・長野間といったJR西日本に関係ない区間でも,当日購入や変更できるきっぷでは,(モバイルSuica特急券を除くと)J-WESTカード会員専用のeきっぷが最安値です。北陸新幹線がJR東日本・西日本の2社運行であることによる裏技です。

そうした割引きっぷの決済で貯まっていくJ-WESTポイントも,関西への所用でチャージしていたものですが,これからは金沢駅でチャージできます。北陸でクイックチャージの環境が整うと,チャージの還元率では有利なビューカードとSuicaよりも,割引きっぷの点でJ-WESTカードを選ぶ人も多そうです。

不要のSuicaやICOCAは使い切って払い戻すと500円戻ります

なお,利用環境の変化などで,不要になったSuicaやICOCAは,払いもどしができます。そこで,「どうせ手数料が…」とか「残高ゼロだから」と,死蔵されている話をよく聞きます。

しかし,残高ゼロまで使い切って払い戻せば,デポジットの500円が全額戻ってきます。払いもどし手数料220円は,残高を上限として差し引かれ,デポジットは残高とは別,というルールだからです。

JR東日本のサイトにも,残高0円のSuicaを払いもどすと,デポジット500円が戻ってくることが説明されています。JR西日本のサイトでも,ICOCAなら同様の説明。SMART ICOCAでも戻る額は同じですが,駅では取り扱えず,別に手続きが必要。PASMOは,さらに有利な払いもどし手数料なしで,いくらの残高でも,デポジット500円を加えた全額が戻ります

ただし,記名式のもの(定期券が載っていたものやクレジットカードと紐付けされたものなど)の払いもどしでは,運転免許証などの身分証明書が必要。また,現在有効な定期券が載っている状態では,定期券部分に別の払いもどし手数料が必要です。

*1:高還元率のものとして,年会費不要のもので,REXカードLiteが1.25%,リクルートカードが1.2%ポイントの付与。年会費が必要なものでは,REXカードの1.5%などです。

*2:JRバスとそれが運行受託するまちバスは,PiTaPa事業者で,ポストペイ方式での乗車です。PiTaPa側の事前の設定により,乗車時にオートチャージされます。

*3:JR側の券売機が,クレジットカードによる定期券発券ができるピンク色のものに更新され,旧JRの機器が玉突きでIR側に移っています。3月現在は,使えるカードの表示にシールが貼ってあるので,4月15日にシールが剥がされ,ICOCAが使える表示に変わるのでしょう。

*4:JRとIRのICOCAの違いは,デザインのほかは,定期券の扱いと払戻し箇所などわずかなもの。転居を考えないなら,よく使う駅で買える方で構いません。また,SMART ICOCAのクイックチャージは,先行するあいの風とやま鉄道の機器でできているように,IRの機器でも支障がありません。

*5:1万円未満のチャージでは,ボーナス一括払いに変更できません。それで,必要な金額だけチャージするよりも,1万円ちょうどチャージして最大6か月(平均3か月)ずつ支払いを遅らせていくのが得策です。

*6:加賀温泉や小松空港などの南加賀エリアではWAONと提携していて,使えません。

*7:特急券と乗車券が別の場合は,乗車券についてはできるだけ長く通しで買った方が,基本的に安くなります。また,東京都区内→加賀温泉の乗車券では,金沢駅で途中下車でき,観光や所用等の不都合もありません。ただし,運賃は距離に対して階段状に上がるため,運賃が上がってすぐの距離では,乗車券の区間をあえて分割した方が安くなる場合があります。この計算は究められていて,篤志家が無料で提供しているサイト,http://bunkatsu.infoで調べられます。

*8:なお,金沢→加賀温泉で特急乗車なら,そこに自由席特急券が必要で,この部分はチケットレスにできません。

*9:厳密には,金沢・津幡間がICOCA・Suicaなどで精算できる区間ですが,そのためには津幡駅で降りて,改札にタッチする必要があります。

ひがし茶屋街に女子高生・斉藤由貴が下宿し,柳葉敏郎に恋する31年前の東宝映画「恋する女たち」

観光スポット

2017年度から,フィルムツーリズムに力を入れるという金沢市。今から31年前になろうとする1986年,この間の歳月を忘れさせるほどのキャストで,金沢で撮影された映画がありました。この映画,Amazonでは予告編まで無料で進め,購入はその先です。

恋する女たち

金沢を舞台に、恋に悩む3人の女子高生を描いた青春ドラマ。氷室冴子の原作を大森監督が温かな視点で映画化。(C)1986 東宝

原作:氷室冴子,監督:大森一樹,出演:斉藤由貴柳葉敏郎高井麻巳子相楽ハル子小林聡美ほか

丸30年を経過しても,斉藤由貴さんはもちろん,柳葉敏郎さんの「踊る大捜査線」でのブレイク,最近ではLOTO6LOTO7シリーズCMと,活躍が続いているキャスティング。また,高井麻巳子さんは,AKB48グループを統括する秋元康氏のご令室に。その皆さんが,高校生役という時代です。

この大森一樹監督,斉藤由貴主演の映画は,東宝でこの後何作も撮られています。金沢ロケを含む撮影の裏話はこちら。

無料の予告編では梅ノ橋を渡る二人が

予告編では,ひがし茶屋街の近くで浅野川を渡る梅ノ橋を,斉藤由貴・相楽ハル子のお二人が歩きます。そのアングルで現在撮影すると,こうなります。

映画「恋する女たち」や「舞妓Haaaan!!!」に登場する梅ノ橋(金沢市・ひがし茶屋街近く)

この橋は,2時間ドラマなどでも,よくターニングポイントとなるところ。歩行者と自転車専用のため,占用許可が下りやすく,木造の欄杆で車がかぶらないために,河原からの望遠も含め,さまざまな構図がとれる場所です。

梅ノ橋でのロケは「舞妓Haaaan!!!」などでも

その梅ノ橋は,京都が舞台の映画「舞妓Haaaan!!!」にも,わずかに登場します。この映画,京都では撮りにくい,狭い路地に茶屋建築の街並みが,金沢の主計町かずえまち茶屋街でも撮影され,うまくつなげられています。

舞妓Haaaan!!!

脚本:宮藤官九郎,出演:阿部サダヲ,堤真一,柴咲コウほか (C)2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会

無料で見られる「舞妓Haaaan!!!」の予告編では,0'10"に主計町茶屋街の暗がり坂の石段が登場。すぐ映像が切り替わり,夢の橋という名に改められた梅ノ橋を,阿部サダヲ氏が駆け下ります。0'46"の恥ずかしいシーンも,京都のようでいて,金沢市香林坊の東急スクエア前の歩道を片町方向に写したものです。

斉藤由貴が女子高生で,ひがし茶屋街の民家に下宿

「恋する女たち」に戻ると,主演の斉藤由貴が住んでいたのは,金沢でも兼六園・21美と並ぶ観光スポット・ひがし茶屋街。30年前は,現在のような和カフェもレストランもなく,芸妓さんのいるお茶屋さんだけが並んでいて,昼はひっそりしていました。

また,下宿先も,お茶屋さんではなく,ふつうの民家に縁故でという設定。それで,芸妓さんは,まったく登場しません。

金沢で展開されるシーン

1986年の金沢が映るシーンを書き出すと,以下のようです。特記のない限り,斉藤由貴さんが現れます。場所だけで,筋は伏せますが,気になる方は本編を観てからどうぞ。

1'3" ひがし茶屋街近くの梅ノ橋

3'12" 卯辰山丘陵の墓地の一角

5'22" 主計町茶屋街の小料理店(架空)

7'45" 尾山神社(風景のみ)

7'46" 長町武家屋敷跡

8'01" 片町スクランブル交差点
セブンイレブンの位置にミスタードーナツが

8'24" 香林坊の映画館・スカラ座(廃館:現香林坊東急スクエアの裏手)

柳葉敏郎氏が野球部の高校生役で登場

8'51" その映画館前で柳葉敏郎さん初登場(若すぎる)

9'47" 石川県立工業高校のグラウンドで柳葉さんが野球の守備
(背景に隣の遊学館高校の建物)

10'52" 銭湯の帰り道:ひがし茶屋街の現・箔一東山店方向から広見を経て,現・金澤東山しつらえ角を通り,下宿へ

現在,金箔ソフトクリームに列の絶えない箔一の東山店は,当時は銭湯・東湯ひがしゆで斉藤由貴さんが通っていた設定でした。

下宿前に,実家の設定である辰口たつのくち温泉の旅館・まつさき(今も実在)のポスター。旅館の組合がひがし茶屋街にあって,そこに下宿という設定です。それは,ひがし茶屋街の検番(旧来のお茶屋さんの組合)のそばにある民家です。

下宿先から銭湯への道がこの方向。奥に見える白壁で黒い瓦屋根が当時実在した東湯で,現在は箔一の東山店です。一般のお宅でない,営業店だけの構図で現在写すとこんな感じ。

f:id:KQX:20170226061014j:plain

朱色の建物は金澤東山しつらえで,その奥の広くなっているところが,観光客が写真をよく撮っている広見という位置関係。映画では,この道を斉藤由貴さんが悩みつつ歩いています。

下宿先は東山しつらえの近くで,ひっそりした茶屋街

13'11" ひがし茶屋街・金澤東山しつらえを横から

13'22" 県立工業高校・遊学館高校の俯瞰

18'54" 犀川大橋を野町広小路方向に渡る北陸鉄道バスの最後列に斉藤由貴さんと相楽ハル子さん

19'12" 土塀が背景になる野町六斗広見のバス停(架空)
以前は商店があって,菓子店の諸江屋・柴舟小出などの創業の地

27'54" ひがし茶屋街のお茶屋・藤とし前から金澤東山しつらえを右折し,検番方向へ:広見の工芸品店・桃巧鶴亀あたりから撮影

35'03" 犀川左岸の河原を歩く斉藤由貴さんと小林聡美さんを,料亭・杉の井前あたりから桜橋詰まで追って

36'29" 二人の背景にW坂だぶるざか

36'43" 西インター大通りを,松島北交差点から西へ進む北陸鉄道バスの最後列に,斉藤由貴さんと菅原薫さん

36'59" 西部緑地公園の石川県立野球場前バス停(バス停は架空)に到着

37'25" 高校野球の予選に出る柳葉氏を斉藤由貴さんが応援

なぜか石川線,それも乙丸駅

42'08" 北陸鉄道石川線乙丸おとまる駅を通過する電車から小学生の遠足の光景
台本にない偶然のようで,素朴さがかえっていい感じ。

42'38" 今はなき準急白山下行の走行シーンで,車窓から外を眺める

43'38" 加賀一の宮駅(廃線区間)に到着

44'43" 実家の設定である辰口温泉の旅館まつさきに到着
(当時から車の方が早い,というツッコミはなし)

47'54" 香林坊109(現・香林坊東急スクエア)で待つ菅原氏

48'15" なぜか広坂方向からバイクで香林坊109へ到着

58'29" 県立美術館のカフェで柳葉敏郎氏と
(現在のカフェは別位置に)

1°02'52" 県立歴史博物館を背景にした県立美術館前バス停(当時は架空)

1°03'17" 柳葉氏を置いて発車するバスの背景に成巽閣せいそんかく

1°03'23" 犀川大橋を野町広小路方向に渡るバスの車内

1°03'44" ふたたび六斗広見のバス停(架空)

1°12'01" ダンスパーティーが開かれている旧・石川県立体育館(現・玉泉院丸庭園)の玄関から駆け出す

1°12'18" 金沢城石川門を出て石川橋を渡り,兼六園方向へ

1°13'09" 石川橋から斜め下,百間堀わきの沈床園に柳葉氏を目撃

1°15'32" 香林坊東急スクエア前を日銀方向へ歩く

この間,特定困難な路地と砂浜など

1°28'56" 加賀市某所でのエンディング
(ネタバレにならないよう,伏せます)

21世紀美術館がないのは,20世紀の映画だから

ところで,今金沢で10代が主人公の映画を撮る場合と比べて,何か足らない。そう,21世紀美術館です。二人のデートも県立美術館のカフェ(リンクは現在のもの)で,当時の店はいたって質素。

映画の設定のような県立工業高校の位置に通う高校生なら,寄り道の風景で自然なのは,21世紀美術館。その県立工業高校や写り込んでいる遊学館高校から,徒歩10分くらいです。じっさい,遊学館や同じくらいの距離にある北陸学院の高校生が,繁華街の香林坊バス停まで歩く途中,21美を通り抜ける形で寄り道しているのをよく見ます。21美は通り抜けだけなら無料で,その開放性も設立のコンセプトの1つ。

しかし,この映画では全く登場しません。撮影されたのは20世紀で,21美はありませんでした。それが,30年の経過で進化した景観です。

金沢駅は国鉄末期でスルー,協力は全日空

そして,金沢駅も出てきません。新幹線はおろか,撮影スポットの鼓門つづみもんも存在しない,高架化前の時代だから。そのかわりに,協力は全日空です。その金沢駅はJR西日本ではなく,撮影から公開までの時期,日本国有鉄道最後の年度でした。

キャストとスタッフの交通手段として,もし鉄道なら,東京からは上野駅始発の上越新幹線長岡駅乗り換えで4時間以上かかった頃*1。航空機なら,羽田空港が小さい時代で,羽田・小松便がジャスト1時間*2。その時代のロケなら,航空機が選ばれたのは当然でしょう。それに加えて,国鉄は末期で,タイアップどころではない状態だったと察します。

玉泉院丸庭園やひがし茶屋街では復元も進む

当時と変わっているものは他にもあって,ダンスパーティーが行われていた設定の旧・石川県立体育館。金沢城の石垣の中にあったものが郊外に移転,そこが玉泉院丸庭園として復元整備されました。

細かく見ると,ひがし茶屋街も,古くは江戸時代からの建物が写るほかは,道はふつうに電柱があるアスファルト舗装でした。こちらも,以前の美しさを取り戻すような修景が進みました。こうしてみると,新幹線沿線の中でも観光客が増えた原因の1つは,金沢を原風景に照らして,こつこつ直してきたからだと思えます。

一方,北陸鉄道の石川線は,鶴来駅から先が廃線で,車両も東急と京王井の頭線の中古に置き換え。この映画が,旧型車両が走っている資料映像ともなります。実家の設定である旅館まつさきは,辰口温泉の老舗のまま料理重視の旅館に変わり,新館も増設。金沢から車で40分の温泉であることが活かされ,新幹線開業後の方が伸びています。

ストーリーに触れるのは無粋なので,それを避けた感想を最後に。スマホはおろか携帯もない時代に,この街で進む恋愛の速度はいたってゆるやか。ときに過敏となる感情が,若さには重しとなる風景とともに刻まれることが追体験できる作品でした。

*1:今では当然といえる東北・上越新幹線の東京・上野間開業は,1991年。さらに,撮影の前年1985年までは,暫定的に大宮駅が起点で,上野・大宮間が新幹線リレー号で接続されていました。その後,1997年に,上越新幹線の越後湯沢駅から直江津駅方面へショートカットする「ほくほく線」が完成。そこに設定された特急「はくたか」に乗り換えで,鉄道での東京・金沢間が3時間43分になります。そして現在は,直通の新幹線で最速2時間28分です。

*2:当時に比べて,羽田空港が沖合に拡張して,離着陸の回数も増えたため,現在の羽田・小松便は1時間5分から10分のダイヤへと遅くなっています。

金沢の宿泊,空いているのは冬と7月前半,10月:宿泊客数で見る混雑日・閑散日ランキング

混雑対策 ホテル 食事・カフェ

金沢ではホテル建設のニュースが続いていて,現在のホテル不足も,供給の増加で解消されそうです。建設されるのは,標準34m2と広い外資系ブランドから,シングル主体の宿泊特化型までで,クオリティも価格も,今より厚みが増します*1

それまでの間,いつが空いていて安く泊まれるのか。宿泊客数のデータも,新幹線開業後一年以上蓄積されていて,整理してみます。結論を先に。

まとめ

  1. 年末年始と連休を除く12月,1月が底
  2. 10月は気候がよいのに,街中の紅葉とかに漁解禁待ちで,穴場
  3. 学生が動きにくい時期(7月前半と1月冬休み明け)が狙い目
  4. 3連休の数日前か後の火水木は,注目されず空いている
  5. 夏休み,クリスマスなど,大きな計画を考える直前は空いている

1日単位の宿泊客数がわかる観光予報プラットフォーム

2015年12月から,市区町村ごとの宿泊客のデータを1日単位でとれるサイト・観光予報プラットフォームを,経済産業省が公開しています*2。それで,年間で客が多い日と,少ない日を調べてみました。日付ごとのデータは,細かいので最後に。

月単位では12月,1月が底(年末年始と連休を除く)

はじめに,傾向がわかる月次集計から。

金沢市の月別宿泊客数のグラフ

開業1年目は,(開業日が途中にあった3月を除き)1か月平均約86000人,1日平均2700人ほどの客数増でした。開業2年目も,開業前との比較では毎月平均で約62000人,1日平均2000人の伸び。反動減も開業後の伸びに比べれば小さく,開業前の宿泊客数を下回ったのは,2016年10月のみでした。これなら,200室前後のホテルが6つほど増えるのも,納得できます。

年末年始は特別な宿泊客が

月次の変動をみると,12月から1月に底があって,開業前と同傾向。ただし,後の日次データでわかるように,正月は温泉やホテルで,という需要は以前から旺盛で,12月30日や1月1日は年間でも混雑日の上位です。また,連休もそこだけ客が増えます。年末年始の金沢旅行の注意点は後にまとめます。

新幹線開業後の変化は,2月の回復が大きくなったこと。航空機や在来線よりも,風雪による運休が格段に少ないことが,効いていそうです。実際,開業からもう少しで2年ですが,運休が半日まで続いたことはなく,悪天候でも何本か後で回復する程度。羽田・小松便では,終日全便欠航があるのに比べれば,かなりの改善です。

意外な穴場10月は,紅葉と,かに漁待ちか

冬以外の穴場は,意外にも10月。新幹線開業後の反動減も,大きく出た月です。ただし,10月下旬の日曜(2017年は10月29日)にある金沢マラソン前日の土曜は満室傾向。また,秋の学会シーズンで,大規模な学会があれば,金・土曜が混みます。

10月が落ち込む理由として考えられるのは,秋とはいえ,兼六園など街中の紅葉と県内のかに漁が11月からなこと。たとえば,下の写真は,兼六園に隣接する奥方御殿で重要文化財の成巽閣せいそんかく

金沢市にある加賀藩主・前田家の奥方御殿・成巽閣の紅葉

撮影は11月26日でした。江戸時代からの建物と庭に落ち葉が散る頃で,紅葉も終盤。こんな感じで,金沢の街中の紅葉は,兼六園も含めて11月の後半です。

10月の紅葉は,北陸だと標高の高い山や渓谷が見頃。近隣でスケールが大きいのは,富山県の立山黒部アルペンルート黒部峡谷宇奈月温泉です。10月の北陸新幹線沿線のツアーなら,その時期に山の紅葉が最盛期の長野と富山が推されます。

石川県の最高峰は白山ですが,世界遺産の合掌造り集落・白川郷から白山市へ抜けられる白山白川郷ホワイトロードは,立山のような公共交通機関がなく,車やツアーバスだのみ*3

金沢周辺で他の紅葉の名所は,山中温泉鶴仙渓かくせんけいや,加賀温泉を循環するキャンバスでも行ける粟津温泉近くの那谷寺なたでらなど。いずれも標高が低く,見頃は11月の中旬です。

10月が手控えられるもう一つの理由は,後で書くように,石川県のかに漁が11月初旬に解禁であること。あと少し待てば地物のかに,という時期です。

7月前半も意外な狙い目

おもしろい発見は,7月が6月よりも落ち込む点。ただし,後の日次データでわかりますが,7月前半までです。理由の一つは,学生の多くが,期末試験やその準備などで動けないからでしょう。

同じ理由で,学生が旅行しにくい期間は,冬休み明けから1月末あたり。1月の宿泊客が年間で最少となることに影響しています。試験や課題が終わった学生から動き出せるため,春休みを待たず,2月はじめから宿泊客は増え出します。

閑散の冬も,食では,かに,ぶりが揃う時期

冬が閑散な要因で大きいのは,やはり天候です。しかし,海鮮の種類や質では冬がベスト。とくに,次の3つの日付は決め手です。

  1. 魚種の増える底曳き網漁が9月から翌年6月まで(7,8月は禁漁)
  2. ずわいがに漁が11月上旬から翌年3月20日ごろまで
  3. そのうち,雌の香箱がには12月末まで

そこで,11月上旬のかに漁解禁日から12月末が,魚の量も質も豊富。新年1月からは,雌の香箱がにがなくなりますが,雄のかには3月のどこかまで漁が続き,ぶりや白子のおいしいたらも3月までは楽しめる期間。閑散期である12月,1月の旅行は,食では満足できる時期です。正確な漁期は,シーズンになると石川県漁協のページで確認できます。

ずわいがにでも,地物の強みは,ボイルしたものではなく,生のまま仕入れられること。それで,かにの刺身や焼きがにができるところも多く,かにみそも甲羅で合わせるなど,うまく使われます。たとえば,ホテル日航金沢の弁慶で。

石川県水揚げのずわいがにの会席料理の一品・焼きがに(ホテル日航金沢・弁慶)

このときは,能登の蛸島港水揚げのもの。周辺では,金沢港や橋立港などの水揚げも多く,港の近さが鮮度を支えます。

庭には織部灯籠に雪吊りを施した木々。雪が積もる前ですが,冬の食を引き立てます。このホテルは,金沢駅から地下道経由で濡れずに着ける場所で,新幹線開業で2月の旅行が増えたのも納得できます。なお,奥の灯りは鮨カウンターで,たとえ大雪で外を歩きたくなくても,仕事をされた鮨が食べられます。そちらは過去記事を。

各月ごとにどの魚があるかは,魚の写真をクリックすると,月別の漁獲量のグラフが出てくる,以下のページを。人気ののどぐろは,正式名あかむつで載っています。

魚種ごとの月別水揚げ量|石川県水産総合センター

今何が獲れているか,昨年どれほど獲れていたかは,こちらで1日単位でわかります*4

JF石川かなざわ総合市場|石川県漁業協同組合

春はほたるいか,夏は岩がきが特徴的で,あわびと鮎も

冬以外の時期も,魚はあります。春はほたるいかや,さより。夏はあわびや鮎,そして,天然の能登の岩がきが特徴的。

たとえば,細かな仕事の鮎の姿鮨に,松茸の天ぷらを添えた一品を,つば甚で。

鮎の姿寿司(金沢市の料亭・つば甚)

頭のついた骨から尾を別仕立てとし,身の中に酢飯をはさんだ遊び心のある盛り付け。犀川を見下ろす松尾芭蕉ゆかりの小春庵に映えます。

もう一つ,能登の夏に意外な魚介類,かき。「牡蠣は"r"のつく月に」ということわざのように,旬はふつう冬。しかし,能登の岩がきは夏が旬。写真は,金沢市街を見通せる眺めの卯辰かなざわで。

能登の岩牡蠣(金沢市の会席料理店・卯辰かなざわ)

レモンと比べると,大きさがふつうのかき(真牡蠣)の3倍ほどあることがわかります。夏の岩がきは,金沢の居酒屋には広く出ていて,近江町市場でもその場で食べられる店があります。なお,生がき全般に,消化に個人差があるので,食べ慣れている方向けです。

甘えび,のどぐろは,ほぼ通年で安心を

このほか,金沢のお造りや鮨で定番といえる地物の甘えびは,夏に水揚げが減るものの,漁法を使い分けて,ほぼ通年。白身なのに繊細な脂身がおいしい,のどぐろも,冬の方が脂がのりますが,水揚げのピークは9,10月で,ものはほぼ通年。

かにについては,ずわいがにの禁漁期間でも,小ぶりな毛がにと紅ずわいがにが,長い期間あります。

宿泊客が多い日トップ20

それでは,2016年の混雑日上位20日分です。

金沢市の宿泊客数多い日ランキング
順位日付曜日宿泊客数備考
1 2月11日 木・祝 17,559  
2 4月30日 16,914 3連休中日
3 5月3日 火・祝 16,739 3連休初日
4 4月2日 16,065 花見の週末*5
5 4月29日 金・祝 15,908 3連休初日
6 5月1日 15,306 3連休末日
7 2月12日 15,114 祝日の翌日
8 6月25日 15,000 学会など
9 8月11日 木・祝 14,964  
10 3月27日 14,900  
11 12月30日 14,895 年末年始
12 6月18日 14,860  
13 1月1日 金・祝 14,852 年末年始
14 7月17日 14,826 3連休中日
15 3月28日 14,731  
16 9月22日 木・祝 14,424  
17 9月3日 14,417 学会など
18 5月2日 14,387 3連休中日
19 1月10日 14,338 3連休中日
20 7月16日 14,290 3連休初日

上位は3連休が並びます。ゴールデンウィークは,ほとんどの日が上位。曜日の並びがよいところは,1日14000人超の宿泊で,偶然のキャンセル以外,ほとんど満室の状況でしょう。なお,このデータ,各種予約チャネルなどのビッグデータからの推定とされていて,実数とは一致しません。

意外と混雑した2月の飛び石連休と6月の週末

2016年の最混雑日は,意外にも,2月の飛び石連休といえる祝日でした。金曜日を休めば,木曜から日曜まで4日間旅行できる並び。試験などから解放された学生が多くなる時期でもあり,前後の連休からも離れていて,思わぬ混雑日となったようです。もっとも,2017年は2月11日(祝)が土曜で,休みが増えず,それほど混雑はしないでしょう。

一方,6月にも,連休でないのに混雑する週末がありました。散発的に各種イベントや学会が入ったためでしょうか。なお,6月1週目の週末にある百万石祭りは,例年特別に混雑しますが,団体予約が多いのか,このデータでは20位までに入りませんでした。2月,6月とも,何もない平日なら,他の月よりは空いています。

年末年始は観光施設,近江町市場,飲食店の休みに注意

年末年始も,12月30日と1月1日は年間で上位の混雑日。旅館やホテルに泊まって,正月料理を考える人も多いようです。

その際,公営の観光施設では,個別の休館に注意。たとえば,21世紀美術館は,年末早めに休館し,2017年は1月2日から開館でした。例外的に,兼六園・金沢城公園は年末年始休みなく開園で,兼六園は特別に無料開園期間です。

また,魚の卸売市場も,年末年始は休場。連動して,小売の近江町市場も,年越しの買い出しで年間で最混雑となる12月31日まで営業するかわり,年始は長めに休業が大勢です*6。そこで,魚介の仕入れが重要な日本料理店や鮨店は,旅館営業のある店などを除き,大晦日前後から年始まで長く休むのがふつうです。

その時期に食事をしたいなら,無休のホテルのレストランや鮨店。または,駅ビル金沢百番街と駅前金沢フォーラスのレストランフロアが,初売り1月1日から営業。正月休みに鮨などを食べるなら,その選択肢に絞られます。とくに,鮨は仕入れができないまま,何日か営業で,熟成や昆布締め,づけなどの仕事の差が出る期間です。

正月休みを料理重視の旅館でくつろぐなら,近くで水揚げされたかにを食べるのが,北陸ならではの楽しみ。ただし,地物のずわいがには,漁が止まる一方で,需要があるため,年末年始はやや割高な時期です。旅館では別注料理の扱いも多く,内容は予約時に確認を。到着後の注文では,無理な場合も多いです。

宿泊客が少ない日ボトム20

今度は,2016年でもっとも閑散だった日から20日分です。

金沢市の宿泊客数少ない日ランキング
順位日付曜日宿泊客数備考
1 1月7日 4,032 3連休前
2 12月20日 4,204 3連休前
3 12月21日 4,503 3連休前
4 1月20日 4,516  
5 1月21日 4,661  
6 1月13日 4,758 3連休後
7 12月8日 4,792  
8 1月14日 4,847 3連休後
9 1月6日 4,868  
10 1月8日 5,021 3連休前
11 12月14日 5,049  
12 12月15日 5,116  
13 1月26日 5,313  
14 12月16日 5,461  
15 1月15日 5,536  
16 1月27日 5,641  
17 7月20日 5,666 3連休後
18 7月13日 5,672 3連休前
19 1月12日 5,685 3連休後
20 1月19日 5,811  

旅行を考えにくい日が並びます。とくに,1月7日は,学校も冬休みが終わるところで,家族旅行もなくなる日。年間で一番空いている日は,そこでした。

閑散20日のうち18日は12月と1月,2日は7月

結局,閑散日20日のうち18日は12月と1月で,冬に集中します。ただし,年末年始と連休を除きます。狙うなら,皆がクリスマスや年末年始を考えている時期に,旅行を完結させること。また,冬休みが終わる頃の旅行を企画することです。

3連休から数日前か後の火水木が穴場

全体としての特徴は,3連休など客の集まる期間から,数日空けた前後の火水木が,盲点の日となること。同様に,クリスマス前,年末年始の休み前,夏休み前も,関心がそれだけに向いて,盲点となる平日があります。

連休後の火曜日は21世紀美術館の休館に注意

空いている日を狙う際の注意点は,21世紀美術館が原則月曜休館であること。ただし,月曜が祝日のときは,休館は翌日の火曜日に振り替えです。連休明けを狙うときは,休館のチェックを。なお,兼六園と金沢城は,(お茶席や城の一部など追加料金の部分を除き)年中無休です。

以上,1日の宿泊客は最多17559人から最少4032人まで,4倍超の幅。ということは,上の閑散日の稼働率は,20%台になっています。そんな日のネット予約などでは,宿泊料金の大幅割引が期待できます。

例年のイベント:6月第1土曜と10月最終日曜

最後に,例年1万人超を集客するイベントで,市内に交通規制もある日が次の2つ。

今年,2017年のカレンダーでは,宿泊が増えるのが,2017年6月2・3日(金・土)と10月28・29日(土・日)になります。なお,上の混雑日ランキングに,両方とも現れなかったのは,別ルートでの予約や,近隣県からの日帰りが多いからでしょうか。

2017年限りの混雑日:5月27日・28日

今年は,たまたま同日開催のイベントがあり,特別な混雑日が生まれます。

合計3公演,のべ1万人超とJ2の試合がその土日に集中。4か月以上先ですが,ほぼ満室のホテルが多いです。

もっとも,コンサートの方は申込み時にホテルも予約するのがふつうで,当落判明後にキャンセルが大量発生します。この日,宿泊を検討の方は,空室と価格のチェックを繰り返すと,状況が改善しているかもしれません。

*1:計画が公表されたブランドとしては,ハイアットセントリック,三井ガーデンホテルズの三井不動産,チサンインなどをもつソラーレホテルズ,ユニゾイン,ホテルビスタなどと,金沢都ホテルの建て替えです。

*2:各種予約チャネルのビッグデータ(日本の宿泊全体の約6%)からの推定とされていますが,そのデータソースは公開されていません。宿泊客の統計では歴史の長い,観光庁の宿泊旅行統計調査では,抽出された宿泊施設からネットと郵送で調査票に回答を受ける方式。経産省のデータと観光庁のデータは,調査方法がまったく違うため,それぞれの長所が使い分けられていくでしょう。

*3:金沢駅は,白川郷まで高速バスで75~85分(1日片道10本)と,最短時間で着く新幹線駅です。しかし,この高速バスは,ホワイトロードではなく,高速道路経由で,白山を越える山道の紅葉は見られません。

*4:たまにある白紙の日は,悪天候で出漁できず水揚げゼロということです。とはいえ,お造りや鮨ネタも当日限りではなく,数日の熟成でうまみが増すものもあって,悪天候が続かなければ大丈夫です。

*5:2016年の桜満開は4月4日で,平年より7日も早い日。北陸では珍しく,学校の春休み期間に入ったため,例年より客数が増えています。2017年の予報では,満開が平年並みの4月12日です。金沢の桜の様子は,過去記事に。

*6:各所で質問がありますが,近江町市場は商店街のようなもので,全体としての定休日はなく,営業日や時間は各店ごとの判断です。定休日で多いのは,中央卸売市場の休場に連動する水曜。一部に,昔は多かった日曜定休を続ける店もあります。営業時間は,卸売市場や飲食店の仕入れに合わせて,食品スーパーより早く,午前9時開店,午後5時ごろ閉店の店が多いです。

蟹の名は。 男子加能がに,女子香箱がに:女子香箱がに東京へ編

食事・カフェ

雪吊りを眺めての香箱がに

冬の金沢と言えば,ずわいがに,窓の外には雪吊り。とくに,雌の香箱がには,日本海側ならではの水揚げです。料理店ではジュレがけに,あしらいなど,おしゃれな一品に仕立てられます。

東京での雪吊りと蟹料理(ANAインターコンチネンタルホテル東京・雲海)

ですが,この写真をじっくり見て,何か気づいた方は,北陸の方か造園関係者でしょう。

実は東京・港区で,各種撮影に使えそう

その通りで,こちらは東京・港区の溜池交差点近くにあるANAインターコンチネンタルホテル東京の雲海です。ホテル3階の日本料理店ですが,池に鯉の泳ぐ日本庭園に雪吊りを配し,それを背景に,端正な蟹料理が構図に入れられます。向こう側に写る,貸し切れる個室もあるため,雪吊りと蟹を含めた日本料理を前に展開する会話など,冬の金沢・北陸の設定の絵を撮りたい映像関係の方には,受けそうです。

こちらは場所柄,出張での来日と思われるスーツの外国人と日本人のグループ客もいらっしゃいましたが,満足そうです。海外で鮨店をはじめ日本料理店の人気が高まっているとはいえ,そこに出される魚介類のほとんどは,まぐろやかつおなど遠洋の冷凍もの。

本来,日本の食の強みは,沿岸漁業のおかげで冷凍でない魚介が食べられること。冷凍の有無でおいしさが大きく違うものの一つは,かに。海外から日本を訪れるなら,日本でしか食べられないものを,日本にしかない景観で食べたくなるものでしょう。

雌には外子・内子があり,独特のおいしさ

日本海側で獲るかにの特徴は,ずわいがにの雌も食べること。雌は雄より小型で安いのですが,味では雌だけにある外子と内子が独特です。外子はとびこを赤茶色にしたような粒状で,ぷちぷちした食感。内子はオレンジ色で,ほろほろした食感におだやかな甘味と旨味があります。

料理屋さんでは,その食感と味覚を引き立たせるように,甲羅に脚の身のほかに,内子・外子も合わせられ,あしらいやつまなどを工夫されます。

蟹の名は,地域と雄・雌ごとに

雌も食べるとなると,名前も分かれます。蟹の名は,男子か女子かと,地域ブランドで決まり,表のようです。

蟹の名は。:ずわいがにの名称
水揚港
石川県 加能がに 香箱がに
福井県 越前がに せいこがに
せこがに
おやがに
山陰地方
京都府・兵庫県を含むことも
松葉がに

なお,似た食材である,たらばがには,ずわいがにのような(はさみを入れて)足10本のカニ下目ではなく,足8本のヤドカリ下目です。たらばがには,山陰・北近畿・北陸の日本海側では獲れず,国内の漁場は北海道です。

松葉がには地域呼称,越前がには地域団体商標登録済

かにの名前では,松葉がにが,もっとも知名度があるようですが,それはずわいがにで山陰地方水揚げのものの呼称。この範囲に,京都・兵庫の日本海側を含めるかどうかも,公的な基準がありません。同じものが,福井県で水揚げされると越前がに,石川県では加能がにになります。なお,加能がには石川県の旧国名,加賀・能登からの命名。

地域名称のうち,越前がには福井県漁連の地域団体商標として登録されていて,他では使えません。より細かい地域団体商標として,舞鶴かにと間人たいざガニが京都府漁協によって登録されています。松葉がには,関係地域が広く,水揚げ港の範囲に考え方の違いもあり,地域団体商標としては登録されていません。

香箱がには昭和2年の泉鏡花作品で確認できる古い名称

雌のずわいがには,もともと日本海側で広く獲られていて,せいこがに,せこがになどと呼ばれる地域が多いものです。しかしなぜか,石川県ではかなり早くから,香箱がにと呼ばれています。その由来に諸説あるのはそのうち記事にします。

確認できる出版物への初出は,金沢の近江町市場を訪れた主人公たちの描写がある,泉鏡花,「卵塔場の天女」で,雑誌「改造」1927年(昭和2年)4月特別号への掲載。遅くとも昭和2年には,金沢で香箱がにの名称が一般に使われていたことになります。現在では,下のお店のメニューでも,香箱がにの名前が使われていて,近隣府県のものを含めて,広く通じるようになりました。

石川の漁期は11月から雄は3月,雌は12月まで

注意点は漁期で,石川県の場合,11月から雄は翌3月までと長い一方で,雌は12月までと短いもの。年により多少の違いがあって,正確な期間の確認は,石川県漁業協同組合の情報で。

漁期は日本海側の府県ごとに違いもあり,北の方が長め。端境期では近隣の府県のかにも流通しています。また,ずわいがにの漁期以外,たとえば夏でも,地物の毛がには水揚げがあり,それはまた別のおいしさです。

女子香箱がにも東京で食べられるように

冷凍では内子・外子がもたない香箱がには,輸送に時間のかかる東京には,あまり出回らなかったものです。食品スーパーはもちろん,デパ地下の魚店でも扱わないのが普通。しかし現在では,冷蔵輸送の進歩で,日本料理店や鮨店ならば,出しているお店がそこそこあります。

この冬は昨年の11月以降,金沢へ帰ってかにを食べる機会があまりなく,東京で香箱がにを食べていたところ。それで撮りためた写真を載せてみます。ただし,石川県産の香箱がにについては,漁期が12月までで,この冬の提供がすでに終わった店もあるでしょう。

ANAインターコンチネンタルホテル東京・雲海

先ほどの日本庭園をもつ日本料理店で,香箱がには,シーズン中の会席料理の先付のほか,一品料理でも提供されています。

東京で味わえる,ずわいがにの雌・香箱がに(ANAインターコンチネンタルホテル東京・雲海)

写真は,一品料理として注文できる,越前香箱がにの浜茹で。甲羅に,内子・外子と脚の身,あしらいに黄色の食用菊を盛り合わせ,甘酢のジュレがけ。その上に,木の芽と松葉のあしらいです。最後に,お皿に広く散らしているのは,林檎のみじん切りと,手の込んだ一品。

とくに,林檎を散らすのは,しっとり柔らかいかに身とは食感が好対照で,なるほどと思わせる組合わせでした。海鮮に果物の付け合わせは,味と食感の変化が楽しめて,意外といけそうです。

別日の夜に食べたときは,庭が要所でライトアップされていました。

f:id:KQX:20170101021144j:plain

奥に見通せる雪吊りに,かにが浮かび上がります。あしらいに,銀杏の葉。雪吊りと蟹の構図としてよく整えられていて,そこに雪が少し積もると,情緒が高まりそうです。知らない人が見ると,北陸の温泉旅館かと思うでしょう。

もっとも,この眺めと蟹料理を,東京の都心でやられると,北陸の観光地の売りが一つ減るわけで,コスパなら冬の北陸と付け加えたいところです。金沢では以前の記事に。

こちらには,香箱がにの茶碗蒸しもあって,あたためるとまた別のおいしさに。

香箱がにの茶碗蒸し(内子を中に,外子は銀餡層に上のせ)

脚の身と内子と味噌を少しずつ,卵液とともに中に入れて,緩めの蒸し上がり。内子は,卵の卵黄のような成分で,なるほど茶碗蒸しとは調和します。

一方で,外子は上層の銀餡部分に散らして,彩りを鮮やかにしています。まったりした食感に,外子のしゃりしゃり感が上のせされて,その使い分けが活きています。

外子を炊き込みご飯にするのもよく見ますが,その場合も色合いがポイントです。

久兵衛

次は鮨店で,名店ながら席数もあることで,現在も独立する若手を多く輩出している久兵衛さん。需要に対して鮨店の名店が希少な東京の都心部では,名の知れた鮨店は,かなり先まで予約で一杯。こちらは,席数があるため,予約の準備なく,突然お鮨が食べたくなったときにも頼れる,貴重なお店です。

本店は銀座ですが,ほかホテルなどに数店があります。フリーでの入店可能性という点では,本館と新館に2店舗あって,あわせれば席数のあるホテルニューオータニのお店がおすすめ。こちらは本館側です。

ありましたよ,こちらにも香箱がにの一品が。正直びっくりしました。

東京の鮨店での香箱がに(雌のずわいがに)久兵衛ホテルニューオータニ東京店

東京の鮨店ですから,かには期待せず訪れたもので,隣のお客さんが食べていて,久兵衛でも食べられるのかという驚きのままに注文したもの。仕入れが少ないのか,おまかせでも一部か,リクエストしなければ出ないものでした。あたたかい状態で出てくるのも,鮨店の一品としては特徴的。小皿の蟹の絵付けも,何げに気が利いています。

こちらのお酒は少数に固定されていて,山田錦の源流にあたる雄町の酒を多く手がける,伏見の玉乃光を。伏見の酒蔵では,全国で流通している最大手の2つ松竹梅や月桂冠の次に,東京に出ているものです。

香箱がに(雌のずわいがに)に日本酒をあわせる(久兵衛ホテルニューオータニ東京店)

香箱がにを出されるようになった時期をうかがってみると,現在は築地に入っているのだが,入るようになったのは最近ではないというお返事。どれくらい前から店で出しているかは,すでにわからないとのことでした。断層撮影はこちら。

f:id:KQX:20161216035134j:plain

縦に並べられた脚の身の下では,かに味噌と内子とを合わせて盛り込んでいます。外子を上に集めているのも,よく見る盛り方です。鮨店らしく,付け合わせやあしらいよりも,内容重視の一皿といえます。

なお,お鮨の方はすでに膨大な言及がある通り,砂糖を使わず,赤酢主体で甘くない,やや固めのしゃり。わかりやすい特徴というと,穴子がよくある煮穴子ではなく,一貫ずつ焼いて,外側がかりっとして香ばしいもの。それを,甘だれだけでなく,塩に柚子を散らしたものと,比べて食べさせます。

f:id:KQX:20170106231859j:plain

写真を撮ったのは,盃に金箔が使われているからでも。金箔の生産はほとんど金沢で,それを使われた器を東京で見ると,こうして応援したくなります。金箔を控えめに使われたグラスは,酒や料理を引き立てて,きれいです。

ネタに戻ると,柚子などは,焼き物や他のネタ,いかや貝類などでも,要所で散らして使われます。卵も,すり身の入ったカステラタイプで,注文後に,個別に焼いた温かいものが出されてほっこり。食べたくなったときに予約なしでも入れる可能性のある鮨店では,もっとも安心感のある一店です。

ここも場所柄,かなりの確率で外国人客がいて,握りの写真に,英語が入ったメニューが大活躍です。これは,注文も増えて間違いも防げるので,外国人客の増えた鮨店にはおすすめです。

銀座や東京駅などに複数店舗の居酒屋・方舟

よりカジュアルな店では,北陸の魚介と日本酒を多く扱う居酒屋・方舟はこぶね

f:id:KQX:20170102034714j:plain

こちらは,東京駅ナカにあるお店で,場所は駅改札外の北側,丸の内・八重洲口を結ぶ自由通路に接した黒塀横丁地下1階です。駅ナカなので,居酒屋には珍しく,11時から23時(22時ラストオーダー)の通し営業。中途半端な時間からでも飲んでいけます。

銀座など首都圏に,海鮮と日本酒主体の11店舗と鮨1店舗をもつ会社で,本部は東京ですが,北陸支社を金沢市香林坊に構えます。石川県内でも能登のシーサイドヴィラ渤海など特徴ある施設を運営。ただし,金沢にまだ飲食店はなく,東京設立で北陸も開拓する沿革です。

特徴は,北陸の魚介類と日本酒を独自のルートで仕入れることで,輪島港のせりに直接参加できる買参権も保有。それで,おもに新潟・富山・石川・福井から直送の魚介が並びます。

こちらの香箱がには,1日10食限定扱いで,このときは新潟・佐渡水揚げのもの。

f:id:KQX:20170101022641j:plain

脚の身と内子を甲羅に盛り付けるのは,各所で見る標準形。一方で,外子は,腹側の甲羅で前掛けと呼ばれる部分に,薄く伸ばして別盛りにしてあります。酒を飲みすすめるには都合のよい分け方で,居酒屋の流儀。限定10食とはいえ,これが東京駅ナカで昼から食べられる現代です。

赤坂浅田

こちらは,東京・赤坂の料亭浅田。金沢の近江町市場近くにある老舗料亭旅館・浅田屋から分かれて独立の店で,他に東京では青山と,名古屋に店があります。金沢の浅田屋は,多様な店舗まで展開していて,日本料理では石亭,よりカジュアルで海鮮に振った松魚亭や,別ジャンルでステーキ専門店である六角堂でも,知名度があります。

東京では,赤坂と青山のどちらも,季節により香箱がにを含んだ会席があるほか,一品料理としても,別に注文できます。

f:id:KQX:20170101004936j:plain

料亭なので個室主体ですが,一部にカウンターもあるのが,個人客にもありがたいところ。そのカウンターなら,予約がなくても入れる場合があります。

料亭だけあって,器にも力を入れていて,現代の大樋焼や九谷焼が揃えられています。この器は,江戸時代に,京都の茶道・裏千家とともに金沢に招聘された大樋焼の窯元によるもので,十一代大樋長左エ門の作品。十代は文化勲章受章作家で,その作品は国立近代美術館工芸館に収蔵されています。その大樋焼独特の,飴釉の深みのある艶が,かに料理を彩ります。

こちらでは,大きめの香箱がにの甲羅に,脚の身をきれいに縦に揃えて並べる盛り付け。上に出ているところに,外子を埋め込んであります。左下の付け合わせは,しゃきしゃきした加賀野菜の金時草きんじそうと,こちらも金沢の地物を合わせます。

揃えられた蟹身を食べていき,断層撮影すると,このような盛り付けです。

f:id:KQX:20170104030247j:plain

敷き詰められた脚の身の下は,甲羅の身のほか,手前に内子,上部に外子です。お椀状の甲羅を安定させるために,中空の大根の飾り切りを台としてあります。これらもまた,海鮮そのままではない,料理店に行く楽しみです。