読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

土休日限定のまちバスでSuica, ICOCA, PiTaPaが利用可能に

金沢のバス 金沢の交通 ATM・ICカード

最小限の観光ができる「まちバス」が便利に

土休日のみ,1乗車100円で運行されている「まちバス」で,Suica,ICOCA,PiTaPaなど全国の交通系ICカード相互利用が,いつの間にかスタートしていました。均一料金で,降りるときだけタッチです。

交通系ICカードの利用:まちバス

金沢駅兼六園口(東口)5番乗り場→武蔵ヶ辻・近江町市場→香林坊(長町武家屋敷徒歩6分ほど)→広坂・21世紀美術館兼六園真弓坂口)→香林坊→武蔵ヶ辻→金沢駅

と一周するため,茶屋街以外のおもな観光スポットは回れます。

ただし,ライバルの北陸鉄道の1日乗車券は使えません。

ダイヤと運行状況はPCとスマホで別のページあり

土休日限定で日中20分間隔と,割り切った運行ですが,運行情報がPCとスマホでとれるのは安心できるところ。また,遅延が分単位で表示されるため,同じ区間のバスの遅れの目安になります。

その運行状況のページは,PCとスマートフォンで分岐しますので,トップページからどうぞ。

プレスリリースも報道も見当たらなかったなあ‥

この開始,プレスリリースでの事前告知や目立つ報道がないままで,びっくりです。3月末までホームページをチェックしていたころまでは,上のICカードのページはなかったのですが‥。

なにしろ,まちバス,ICOCAなどで検索すると,このブログが上位に出る状況ですので,ご勘弁ください。

運行受託が西日本JRバスで,新幹線開業日の3月14日からはじめたPiTaPaの機器や決済システムを,共用できるようになったということでしょうか。このさい,過去のまちバスの説明ページも改めておきます。

安いので,近隣からの買物客で混みます

20分間隔とゆるい運行ですが,1乗車100円と手頃なので,観光客よりも近隣の買物客が集中。待てる人で,車内が混んでいても構わない人向けです。開業日3月14日に写した写真では,下のように若い人中心に,折り返すほどの列ができていました。

f:id:KQX:20150314143528j:plain

そんな感じで,先を急ぐスケジュールには向きません。バスの状況に応じて,お茶や買い物に切り替えるといった,ゆるい街歩きにおすすめ。

なお,広坂・香林坊・武蔵ヶ辻・近江町市場からの帰り,まちバスにうまく乗れなければ,200円払えば,北陸鉄道の路線バスが数分に1本頻発しています。まちバスが満員でも,帰れなくなることはありませんので,安心を。