北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

地下鉄や路面電車のない金沢:街なか観光はバスが定番,レンタサイクルやタクシーも

バス:周遊バスと兼六園シャトルが簡単

金沢には地下鉄や路面電車がありません。駅からの街なか観光でもっとも使われるのは,バスです。ただし,バス会社が2つ(北陸鉄道西日本JRバス),観光向けの路線も複数,土曜・休日だけですが安いまちバスもありと,予習がすすめられます。

本数が多くて便利なのが,北陸鉄道の周遊バスと兼六園シャトル。時刻表付きマップはpdf1つにまとまっていて,予習も携帯も簡単です。

Suicaが使えないので,1日乗車券がおすすめに

それらに乗れて,平日は1日3回以上の乗車で得になる1日乗車券(500円)があります。金沢のバスは,(JRバスとまちバスを除き)Suicaなど全国の交通系ICカードが使えないため,はじめに買ってしまうのが便利です。

バスの種類や1日乗車券の買い方・特典などは,別記事へ。

城下まち周遊バス(北陸鉄道・金沢市)

レンタサイクル:1回30分を忘れず,天気予報に注意

金沢駅や市内の観光スポットなど21カ所で,貸出と返却(乗り捨て)のできるレンタサイクル・まちのりもあります。1回30分以内に返せば,1日何回借りても200円です。

貸出と返却は,下の写真のような機械式で自動です。コインロッカーのように,自分のSuicaやICOCAなどのICカードを鍵とするもので,初回だけ登録をタッチパネルで行います。その後は,1日何度でも,そのSuicaなどのタッチで,自転車が借りられます。

Suicaなどがない場合は,これもコインロッカーのように,パスワードが発行され,貸出時はその入力が必要です。

f:id:KQX:20150311052915j:plain

初回利用時の登録では,課金用のクレジットカードを登録します。今のところ,モバイルSuicaは使えません。

1人1枚のSuicaが必要,クレカは4台分まで1枚で

注意点は,自転車1台にSuica1枚が必要なこと。課金用のクレカは,自転車4台分まで同じもので大丈夫で,家族旅行でも不自由はないでしょう。

クレカがない場合は,デポジットを入れたICカードを現金払いで購入することになります。しかしそれは,写真のポートではなく,事務局か主要ホテルフロントでの手続きで,やはり面倒です。

利用するなら,Suicaなどを1人1枚分,4人に1枚はクレカの準備を。

天候チェックと一部の行先では坂道に注意

旅行前の計画では,意外と忘れやすいのが当日の天候です。雨・雪の場合の交通手段は,別に考えておく必要があります。とくに,北陸は天気が変わりやすく,借りるときは曇りでも,すぐに雨や雪がよくあります。天気予報のチェックは頻繁に。

そして,一部観光スポットでは坂が問題になります。金沢駅から近江町市場,長町武家屋敷,21世紀美術館,ひがし・主計町かずえまち・にし茶屋街の範囲はほぼ平地です。そこから先,兼六園と金沢城,成巽閣せいそんかく,県立美術館,忍者寺を含む寺町は,坂を登る区間があります。

大型連休はスポットに自転車の在庫ゼロとなることも

なお,大型連休などで利用客が集中すると,ポートによっては,自転車の在庫がゼロになります。そういうときは,軽トラックで自転車を回送しているのですが,追いつきません。

在庫台数は公式サイトでわかるので,在庫のあるポートまで歩くか,そこだけバスなどの利用となります。大型連休では,その余裕も含んだ計画を。

30分以内に返せないと,延長料金が発生

たまにネットの口コミで見るのが,料金体系の誤解で高い支払になったというコメント。その誤解とは,朝借りて,夕方返しても200円というものです。1日200円になる条件は,借りたら30分以内に返すことです。

返却後,すぐ借り直しても構いません。スポットは,10分も走れば着ける間隔にあるので,残り時間が気になる場合は,最寄りのスポットに寄って,借り直しで済みます。返すポートの自転車がゼロで,空き自転車を待つ方がいれば,そうできないこともありますが,それが重なる確率はごくわずかでしょう。

そういうわけで,追加課金となるのは,料金体系を誤解して,借りっぱなしで観光スポットや店に入ってしまう場合です。その場合,30分超過後から200円とは別に延長料金が加算されます。チャージ額からの支払でなく,登録したクレカでの支払となる理由がそこで,延長料金は後で精算されます。

レンタカー:郊外の温泉や走れる砂浜を目指すなら

市内観光だけでレンタカーをすすめにくいのは,土曜・休日には各所の駐車場が満車になるから。とくに,台数の少ないひがし茶屋街周辺は,土曜・休日は早くから,慢性的に満車状態です。また,茶屋街の近くは道幅が狭く,最も近い浅野川沿いの東山河畔駐車場では,下の記事のように,一般車でもすれ違いがぎりぎりです。

満車になりやすい県立美術館,21世紀美術館,いちば館の駐車場

また,土曜・休日は,県立美術館の駐車場(来館者限定で無料)が早い時間から満車。21世紀美術館の駐車場(市役所の駐車場と一体)も市内中心部で,昼前に満車になることが多いです。

近江町市場のいちば館の駐車場も,雨や雪でも濡れずに屋根のある市場内に入れ,30分以内なら駐車無料のサービスがあって,早い時間から慢性的に満車。金沢駅周辺も,売場やレストランに近いフォーラス駐車場や金沢駅屋上駐車場から,満車傾向です。

それでも空車が少し離れた大規模駐車場に

そういう日時でも,台数の多い兼六園の石川県営駐車場や,近江町市場のある武蔵ヶ辻周辺のその他の駐車場(めいてつエムザと接続する名鉄パーキングなど)には,余裕があります。

連休などにレンタカーか自分の車で金沢観光なら,満車になりにくい大規模駐車場に止めたまま,バスも使って,周辺を街歩きするのも一考です。

参考になるのは,大規模駐車場の満空情報を,金沢市がまとめているサイトです。

レンタカーは郊外の温泉や観光スポットで有力に

レンタカーが役立つのは,バスがあまりなく,観光や買い物の足が乏しくなる市内・外の温泉旅館に行くときです。観光客の多い温泉地でも,バスはわずかで,着いてからの街歩きや買い物の範囲が限られます。

しかし,地元の方は,温泉旅館の従業員も含め,車で通勤や買物しているのがふつう。山の温泉でも,車で10分も行けば,散策スポットやスーパー・コンビニがあります。

そのほか,街観光でも,子連れの場合には,バスの待ち時間や車内,おむつ替えの場所等が不安なときの安全策となるでしょう。

レンタカーなら金沢市内観光の後借り出すのも一案

それで,レンタカーを効率的に使うなら,駅からバスで茶屋街など駐車場がわずかな地域を回った後,駅に戻って,レンタカーを借りるのも一案です。

車なら日本で唯一砂浜を走れる千里浜ちりはま

車なら,この際,石川県でしかできない体験を。金沢観光のガイドにはあまり登場しませんが,金沢から車で約1時間のところに,日本で唯一砂浜を車で走れる,千里浜なぎさドライブウェイがあります。世界でも,確認されているのは3か所とのこと。それで,クルマ関係の各種CMの撮影にも使われています。

金沢からは,そこまで1時間で行ける,のと里山海道も含めて,無料です。

口コミが増えて,日本のベストビーチ1位に

地元では以前から有名な場所ですが,新幹線効果によって旅行者が広域的に増え,口コミが集積。とうとう,2016年発表のトリップアドバイザーのビーチランキングで,国内1位になりました。

2017年は8位ですが,1位となった2016年のプレスリリースはこちら。

日本のNo.1ビーチは、車で砂浜を走れる随一のビーチ『千里浜なぎさドライブウェイ』|トリップアドバイザー,2016年2月18日

その投稿写真は,はじめてだと信じられないでしょうが,本当にそういうことができます。ここは適当なバスがないので,車で行けるときにこそぜひ。悪天候でない限り,子連れにもおすすめできます。

なお,千里浜なぎさドライブウェイには,ライブカメラがあります。高感度カメラのため,夜でも波が見えて,ちょっと幻想的です。

タクシー:おもな観光スポット間は1000円台

金沢市内のおもな観光スポットは,タクシーで1000円台の範囲に収まります。これがコンパクトな城下町の良さ。車のない江戸時代,城から歩ける範囲に,重要な建物や庭が作られたからです。

周遊バスの内側の大通りなら流しあり

金沢駅はもちろん,兼六園や21世紀美術館など旅行客の多い観光スポットにも,タクシー乗り場の客待ちがあります。

また,周遊バスが走る範囲の大通りでは,日中なら,流しのタクシーが走っています。タクシー乗り場のない茶屋街も,大通りまで数分歩けば,流しが拾える場所。

金沢駅はもちろん,夜明けまで営業がつづく繁華街の片町・香林坊では,深夜・未明まで客待ちが多数です。

バスが来ないとか,満員とかなら,そこだけタクシーも使うのが賢いです。タクシー料金の目安は別記事に。