北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

周遊バスなどに使える1日乗車券500円,JR東日本主要駅のびゅうプラザで買うと450円

まったり旅ブログのはずが,アクセスの多い記事は,何かが安くなる方法になってしまいました。それならと,ツアーのパンフをつらつら見ていると,観光客がよく利用する周遊バスなどの1日乗車券が,JR東日本のびゅうプラザなら単品で発券できることに気付きました。そこで,半分は趣味的な小ネタです。

JR東日本のツアー・びゅう

JR東日本の主要駅なら,必ず置いてあるツアーパンフ。

f:id:KQX:20170501092911j:plain

内容はこちらで読めます。

びゅうデジタルパンフレット『北陸 金沢』|JR東日本

このツアーは,JR東日本の主要駅にある「びゅうプラザ」の窓口などで買えます。契約のある一部の旅行会社でも,購入可能。

びゅうのツアーの多くはネット購入対応になっていて,えきねっとでの購入,カード決済後に,JR東日本の駅の指定席券売機で受取れます。北陸方面のツアーは,以前はネット購入できなかったのですが,現在では多くが対応済み。

ただし,以下で取り上げる,1日乗車券単品での購入は,窓口のみです。

北鉄バスの1日乗車券が単独発売可に

この種のパンフでは,オプションのチケットが並んでいて,読むのは楽しいもの。ツアー商品とセット購入のものが多い中で,単独発売可,1名からOKの表示がここに。

f:id:KQX:20170501094113j:plain

ということは,500円する北陸鉄道バスの1日乗車券は,びゅうプラザのあるJR東日本の駅などでは,450円で買えるのか。窓口では,上の写真のパッケージコードがわかれば発券できるので,パンフが手元になくても,この写真を見せれば十分です。

なお,パンフの割引施設表示は市立のものだけで,ほかに入場者の多いものに,成巽閣せいそんかく(100円割引),武家屋敷跡野村家(50円割引),ひがし茶屋街の志摩(50円割引),懐華楼(100円割引)があります。割引対象の詳細は,上のリンクへ。

買ってみた

駅に行く時間が作れたので,買ってみましたよ。

f:id:KQX:20170501095516j:plain

みどりの窓口での発券と同じ紙で,バウチャーが出てきます。とはいえ,単品では指定席券売機やみどりの窓口では買えません。発売は,JR東日本の主要駅にある「びゅうプラザ」などの窓口のみ。一部ツアーのオプションに限って,指定席券売機でも同じものが発券されています。なお,発券の駅名だけ消しています。

f:id:KQX:20170501095856j:plain

びゅうプラザで450円の支払いだったのも,はじめて。注意点は,利用日が指定されて,バウチャーに表記されること。金券ショップ等への転売防止のためでしょう。

別の旅行商品を買うついでなら

1人につき50円安くなるものの,窓口に並ぶ面倒があって,このためだけに買いに行く実用性はありません。また,金沢駅の1日乗車券の売場での引換えが必要で,金沢での手間も減りません。

ということで,何か別のツアーや宿泊プランなどをびゅうプラザで買うときの,ついでならという小ネタでした。

引換えは周遊バス乗り場のすぐ後ろ

金沢駅兼六園口(東口)には,周遊バスが発車する7番乗り場の後ろに,写真のブースがあります。

f:id:KQX:20170503040857j:plain

券面では金沢駅前センター(1番乗り場側にある高速バスのチケットを扱うビル)での引き換えとなってますが,こちらでできました。他のツアーのオプション券等も受けているので,手慣れたものです。パンフのように,引換は利用日の3日前からできます。

f:id:KQX:20170503041350j:plain

なお,上のブースの写真中央の掲示でわかるように,この窓口での1日乗車券の購入に限って,Suicaなどの全国交通系ICカードが使えるようになりました。端末はmanacaです*1。バスの車内では,現在も使えません。

他の大手では単独発売がない

この1日乗車券は,これまでも様々なツアーのオプションになっていましたが,単品で発券可のものを見たのは,JR東日本のものがはじめて。

改めて,大手旅行会社のサイトでツアーパンフを確認したところ,JTB,日本旅行,近畿日本ツーリスト,阪急交通社,名鉄観光,JR西日本の範囲で,この価格で単独発券できるところはありませんでした。

1日乗車券で増えた特典はどうかな

実は,2017年4月1日から,北陸鉄道バスの1日乗車券の特典が増えました。近江町市場の対面にはデパート・めいてつエムザがあるのですが,その1階のおみやげ物エリア・黒門小路で5%割引です。詳細は別記事に。

*1:北陸鉄道の筆頭株主は名鉄で,名鉄グループです。