北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

おもな観光地間のタクシー料金は1000円台,日中は流しも拾えます

多くの観光地は金沢駅兼六園口から1000円台

金沢はコンパクトな城下町で,おもな観光スポットは金沢駅兼六園口(東口)から数kmの範囲です。下は,そのタクシー乗り場にある,駅から主要観光地へのタクシー料金の表示。もっとも料金の出る兼六園の桂坂口でも1250円と,ほどほどの金額です。

金沢駅から観光地までのタクシー料金

金沢駅のタクシー乗り場は,兼六園口(=東口)と金沢港口(=西口)の両方にあります。観光スポットのほとんど,ホテルも多くが兼六園口側。上下の表のタクシー料金は,兼六園口からの計算です。

主な観光地間のタクシー料金と時間

観光スポットの間の時間と料金は,金沢市観光協会と石川県タクシー協会が用意されている下の表が便利。すべて1000円台前半です。

出典:金沢市観光協会,http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/images/time_fare.pdf
忍者寺は,寺町寺院群を参照。

金沢ではタクシーの多くが小型車で,上の料金も小型での計算。道が狭いからです*1。中型や,グループに便利なミニバンのタクシーは,電話で呼ぶと来ます。ただし,ミニバンは台数が少なく,当日配車は困難で,早めの予約を。

表や検索サイトの時間や料金は,渋滞がないときのもので,その注意は最後に。

その他の区間は以下の検索サイトが便利

住所や大きな施設名の指定で,金沢のタクシー料金を計算するサイトが,名鉄系の石川交通にあります。中型を特別に呼ばないのなら,流しの多い小型の選択を。

タクシー料金検索|石川交通

おもな観光地に乗り場

次の箇所には乗り場があって,客待ちがいます。

下は,兼六園桂坂口のタクシー乗り場。ここはタクシーが多く,大人数の分乗でもすぐ乗れます。

それ以外でも日中なら流しが

上の乗り場以外でも,上の料金表に出てくる範囲の大通りで日中なら,数分ほどで流しの空車が拾えます。観光でよく使われる,周遊バスのルート内の大通りになります。

ひがし茶屋街は車の進入規制があり,タクシー乗り場もありません。それでも,大通りまで戻りながら,流しのタクシーを拾えます。場所は別記事を。

にし茶屋街と忍者寺,長町武家屋敷も,前は道が狭く,タクシー乗り場がありませんが,周遊バスのバス停のある大通りまで出れば,流しが拾えます。

郊外の施設,鮨店,温泉は2000円超

金沢駅からタクシーで2000円を超えるのは,兼六園口側ならおおむね周遊バスのルート外。バスが少なく,タクシーが現実的なのは以下の例で,小型料金(深夜割増しなし)の目安です。距離が長いため,時間帯と渋滞の程度で上下数百円ほど変動します。

金沢港口から
兼六園口から

兼六園口からが近い目的地は,兼六園や21美からの方がさらに近く,いずれも金沢駅からよりも400円ほど安く着きます。

郊外からの帰りは呼び出しに

金沢駅から2000円を超えるような郊外では,昼でも流しがいないので,帰りはアプリか電話で呼び出しを。アプリなら,全国タクシー石川交通近鉄タクシー富士タクシーをカバーして,市内の対象台数で最大。国際ホテルは,日中は付け待ちが1台はいるようで,出る前に確認を。

大きな旅館などは特定会社で割引の設定も

なお,郊外の旅館など,タクシーがよく呼ばれるお店では,特定のタクシー会社と定額割引の契約がある場合も。それで,アプリよりもお店に呼んでもらうのがおすすめです。たとえば,犀川温泉・滝亭では,旅館と近鉄タクシーに契約があって,旅館でタクシーを読んでもらうと,帰りに定額割引が適用されます。

小松空港は1万円超,予約で定額割引も

さらに遠い小松空港は,金沢駅から10880円+高速料金780円(空港公式サイト)。市内の出発地とインターまでの経路で,かなり上下します。また,上得意となる企業や旅館等では,事前の契約で割引を受けているところもあります。

たとえば,近鉄タクシーでは,前日までの予約で定額割引を設定。金沢駅周辺から8500円プラス高速料金とかなりの割引です。

クレジットカード利用可能車も増加

クレジットカードが利用できる車も,全国タクシーアプリで呼べる,金沢を担当する営業所を中心に,増えています。台数の多い会社では,石川交通近鉄タクシー富士タクシー大和タクシーです。大和タクシーは,東京の大和自動車とは無関係で,アプリでは東京無線アプリ,チケットでは東京無線と提携しています。

Suicaなどは石川交通の金沢エリアで利用可

SuicaやICOCAなどは,石川交通の金沢エリアで2016年9月1日から利用可能になりました。名鉄系のため,そのICカードmanacaなら,名鉄のμstarポイントがたまります。以下は車内のチラシ。

f:id:KQX:20160822005232j:plain

なお,同じ石川交通でも,小松空港の乗り場を含む加賀地区では,WAONを導入していますので注意を。

連休の午後などは渋滞に対する余裕を

渋滞が起きやすいのは,観光客と買物客の帰りが集まる,土休日の午後の金沢駅方向です。平日でも,通勤・通学客も金沢駅に向かう夕方は,流れが悪くなります。

逆方向になる,金沢駅から観光地や郊外の温泉方向は,流れが分散しておおむね順調です。ただし,連休などで街中のイベントが重なる場合は,繁華街の香林坊や21美のある広坂周辺が渋滞。お花見の時期の休日では,広坂から兼六園周辺が混みます。

連休の帰り,金沢駅方向では,時間で上の表の平常時の倍くらい,料金で数百円増しまでの余裕を。最も混雑する大型連休やお盆・年末年始の帰りピークでは,1時間単位のゆとりが安全です。

渋滞は金沢駅先頭に武蔵ヶ辻から香林坊・橋場町へと波及

大型連休などは,金沢駅へのバスルートが次の順に渋滞します。

金沢駅周辺が詰まる
→車線の少ないリファーレ前を超えて武蔵ヶ辻(近江町市場のある交差点)まで車が繋がる
→武蔵ヶ辻の信号が青でも,香林坊(21美や長町武家屋敷近く)や橋場町(ひがし茶屋街最寄り)からの車がほとんど流れなくなる

最混雑は,大型連休の終盤の午後などで,香林坊や橋場町から金沢駅まで車が切れ目なくつながることがあります。すると,信号が青でも数台しか流れなくなり,結局歩くほどの速さ。香林坊から金沢駅までバスのダイヤ上12分くらいのところ,その倍という事態も何度も経験しました。

平日昼なら主要観光地から金沢駅まで30分で余裕だが…

何もない平日の昼なら,バスはダイヤから数分遅れ程度。金沢駅までの帰り,武家屋敷最寄りの香林坊,21世紀美術館最寄りの広坂,ひがし茶屋街最寄りの橋場町(金城楼向かい)から30分前で余裕です。しかし,帰りが集中する時間帯では,リスクがあります。大型連休の帰り,バスで金沢駅へ向かうなら,それぞれ1時間前が安全です。

流れない武蔵ヶ辻を避ける抜け道など

そういうとき,タクシーならいくらか抜け道があります。たとえば,

香林坊から金沢駅なら:
南町→玉川公園前→玉川公園西→英町→六枚町→金沢駅

ひがし茶屋街から金沢駅なら:
浅野川大橋北詰→一方通行→小橋→彦三町→安江町北→右側の一方通行から此花町→金沢駅

と,流れない武蔵ヶ辻を避けて時間短縮。

兼六園下から金沢駅も:
金沢地裁前を左脇の一方通行へ直進→検察庁前→大手堀交差点の1つ先を右折→一方通行

で,武蔵ヶ辻手前へ出ます。そこからはバスのルートと同じですが,距離は短く信号もかなり省けます。いずれも一方通行がポイントで,ナビでは出ないルートです。

駅手前のリファーレ前から大渋滞なら,降りて徒歩6分

市の中心部から金沢駅へは,武蔵ヶ辻→リファーレ前→駅正面左折と進むのがふつうです。このリファーレ前から駅正面を左折するレーンは1車線。さらに最後,兼六園口(東口)タクシー降り場への進入が右折信号です。対向の直進車は多く,大渋滞の場合は1サイクルで数台しか駅に入れません。

大型連休の帰りなどで,リファーレ前あたりで車が歩く速さになってしまったら,そこで降りて駅まで歩くのもあり。駅兼六園口まで徒歩6分ほどです。

県立音楽堂脇やアパホテル金沢駅前脇にも進入可

駅兼六園口正面の渋滞を避けたいなら,リファーレ前を通らずに,六枚町や,北陸線の線路西側脇の中橋高架下・広岡東から高架脇の道を駅に向かって進んだ方が早いことも。

ANAクラウンプラザホテルと県立音楽堂の間の道や,県立音楽堂と駅の間の道,金沢港口のアパホテルに入る脇道でも降りられます。ただし,駐車の余地はないので,すぐに車を動かせるタクシーならでは。金沢駅周辺でとにかく早く降りたいときは,そう相談を。

*1:たとえば,ひがし茶屋街は江戸時代からの地割りのままで,車両進入規制のない周辺部でも,車1台でぎりぎりの道幅です。写真は,蜜菓子店・奈加川の前ですが,この路地を一発で曲がらないと,金沢で流しのタクシーができません。

金沢のひがし茶屋街の狭い路地を曲がるタクシー