読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

サンドーム福井へのアクセス,速いのは東海道,安いのは東海道・北陸の一周ルートか羽田・小松便

金沢までの交通

鯖江が全国ツアーで選ばれるように

1万人収容できる北陸最大のライブ会場・サンドーム福井(公式サイトでは鯖江駅徒歩約15分,混雑時は余裕が必要)で,全国ツアーが続いています。最近では以下の通り。

サンドーム福井でのライブ
開催日アーティスト
2015年12月23日 ゆず
2016年3月12日 E-Girls
4月16・17日 SEKAI NO OWARI
4月23・24日
5月28・29日 Perfume
7月2日 浜崎あゆみ
7月15・16日 AAA
9月10・11日 西野カナ
10月8・9日 DREAMS COME TRUE
11月12・13日 GENERATIONS from EXILE TRIBE
2017年1月28・29日 SHINee
3月11・12日 back number
4月15日 RADWINPS
5月28日 ケツメイシ

良い席を確保できる確率も考えて,北陸だけでなく広く鯖江を目指されているからのようです。とくに4月23・24日の嵐アリーナツアー3公演が過去最大規模。検索も多いので,サンドーム福井が目的地の場合を書いてみます。

以下,東京からサンドーム福井までのダイヤ,料金,福井が満室で金沢に宿泊する場合の順です。

鯖江は東海道新幹線米原と北陸新幹線金沢の中間地点

鯖江は東海道新幹線の米原から約1時間,北陸新幹線の金沢から約1時間という面白い地点。どちらを回るルートもダイヤと料金次第で考えられます。

f:id:KQX:20160314213106j:plain

東京周辺から鯖江へのダイヤ例

例として,4月23・24日のライブの開演時刻13時,15時,18時に近いダイヤを選ぶと,以下の通りです。在来線と航空機は,悪天候などによる遅延や運休がまれにあり,間に合う保証はできませんが。

ちょうど間に合うダイヤだけを抜粋しています。早く着きたい場合など,各表1行目の路線名をクリックすると,前後の列車が調べられます。

行き東海道(東京・新横浜→鯖江・福井)

東海道新幹線 北陸本線
東京 品川 新横浜 米原 米原 鯖江 福井
ひかり505号新大阪行 しらさぎ5号金沢行
833 840 852 1044 1056 1151 1201
ひかり509号新大阪行 しらさぎ7号金沢行
1033 1040 1052 1244 1256 1351 1401
ひかり515号新大阪行 しらさぎ57号金沢行
1333 1340 1352 1544 1556 1651 1701

日中毎時1本のひかりを米原で降りると,鯖江・福井を通る特急しらさぎ金沢行が12分待ちで接続する規則正しいダイヤ。また,品川・新横浜から乗車なら,こちらが速いです。

行き北陸(東京・大宮→福井・鯖江)

北陸新幹線 北陸本線
東京 上野 大宮 金沢 金沢 福井 鯖江
かがやき505号金沢行 サンダーバード20号大阪行
836 842 902 1108 1124 1209 1217
かがやき525号金沢行 サンダーバード24号大阪行
1008 1014 1034 1243 1253 1342 1350
はくたか563号金沢行 しらさぎ62号米原行
1224 1230 1250 1525 1548 1637 1645

北陸新幹線金沢経由は,最速タイプのかがやきがない時間帯が昼間にあって,その場合時間がかかります。またダイヤは接続も含め不規則です。こちらは上野・大宮乗車ができます。大宮からなら,かがやきに乗れれば,東海道より速く着きます。

帰り東海道(福井・鯖江→新横浜・東京)

北陸本線 東海道新幹線
福井 鯖江 米原 米原 新横浜 品川 東京
しらさぎ62号米原行 ひかり530号東京行
1637 1645 1744 1758 1953 2004 2010
しらさぎ64号米原行 ひかり534号東京行
1837 1845 1944 1958 2153 2204 2210

鯖江駅2104発に米原行最終があり,東京行最終ひかりに接続しますが,周囲に迷惑をかけずに間に合う可能性は低く,ダイヤは書きません。

なお,京都・大阪方面の特急は,いつも通過している最終のサンダーバードが4月23日などに臨時停車。鯖江2140→2300京都・2323新大阪・2327大阪です。ただし,京都へ着いても東京方面の新幹線は終わっています。

帰り北陸(鯖江・福井→大宮・東京)

北陸本線 北陸新幹線
鯖江 福井 金沢 金沢 大宮 上野 東京
サンダーバード29号金沢行 はくたか574号東京行
1659 1708 1756 1809 2051 2111 2116
サンダーバード35号金沢行 はくたか578号東京行
1859 1908 1957 2017 2259 2319 2324
しらさぎ15号金沢行 つるぎ732号富山行
2151 2201 2250 2306 富山2329

終演21時の場合,余裕のある電車一本で到達できるのは金沢まで。北陸新幹線に乗り換えると,富山まで行けます。ここまでが現実的な宿泊地。こう書くのも,最後に触れるように,4月23日は福井市のホテルがほぼ満室だからです。

航空機行き(羽田→小松・福井・鯖江)

羽田・小松便が1時間5分前後で片道10便,小松空港から福井駅まで羽田便全便に接続するバスがあり約1時間,その後普通列車15分ほど(特急なら9分)で鯖江駅です。ただし福井・鯖江間は毎時数本で,ダイヤを調べておく必要があります。

航空機 京福バス 北陸線普通特急
羽田 小松 小松空港 福井駅 福井 鯖江
ANA751 4月ダイヤ 普通敦賀行
820 920 935 1030 1111 1125
JAL185 4月ダイヤ サンダーバード20号
925 1030 1045 1140 1209 1217
普通敦賀行
1211 1225
ANA753 4月ダイヤ 普通敦賀行
1025 1125 1140 1235 1311 1325
JAL187 4月ダイヤ 普通敦賀行
1250 1350 1405 1500 1645 1700

普通列車は2両編成が多く,混雑を避けたいなら特急の利用も

何もない日なら,福井・鯖江間は特急料金(自由席750円)のいらない普通列車が現実的ですが,駅が異常に混雑するなら特急の利用もありえます。この区間の昼間の普通列車は2両編成が多く,乗客が集中すると乗れない可能性もあります。特急は指定も含め普通車が5両か8両で,十分な収容力があります。特急は毎時2本ほどで,表の1行目のリンクから時刻がわかります。リンク先には現れませんが,鯖江駅通過の特急もあるので十分注意を。

なお,福井駅ではSuicaが使えません。券売機に長い列が予想されるため,福井・鯖江間の乗車券の事前購入をおすすめします。後で書くように,東京など離れたJR駅の指定席券売機でも,この区間の乗車券が買えます。

18時公演に間に合うもっとも遅い航空機では,15時に福井駅に着いてしまい,時間がかなり空きます。東京へ戻れる時間帯ではないので,ホテルに寄って,先にチェックインが効率的ですが,早く会場入りしたければ,これより前にも電車がありますのでリンク先でチェックを。

小松駅へ路線バス,鯖江まで特急でも行けるが

小松空港(小松バス)小松駅(北陸線特急)鯖江駅

特急ダイヤ(小松→鯖江鯖江→小松

のルートもあります。小松に宿泊なら,先にホテルに寄れるこの経路も役立ちます。

注意として,小松駅行は扉2つの路線バスで,飛行機の到着と無関係にダイヤ通り出発します。また,席数は少なく,立席も含め30人も集まれば満員になりそうな小さめの車両です。高速バスのような荷物を車外下に収容するトランクがありません。さらに,着いた小松駅は一部特急が通過します。

一方,福井駅行は飛行機の到着を待って出発する高速バスタイプ。2列2列シートで,外にトランクがあり,約1時間寝ていけます。また,福井駅は特急も全列車停車です。

なお,小松駅へのバスが満員でも,小松空港と小松駅はタクシーで1570円,10分ほどです。小松空港にも小松駅西口にも,付け待ちのタクシーがたくさんいます。

飛行機が遅れた場合,接続する福井駅行きのバスは到着を待って発車しますが,福井駅で電車を待つ時間も詰めたいような大幅な遅れでは,最後の手段として小松空港からサンドーム鯖江までタクシーがありえます。その場合,高速に乗って1時間10分ほど,約2万円です。そのリスクを考えたスケジュールが望まれます。

航空機帰り(鯖江・福井・小松→羽田)

北陸線普通特急 京福バス 航空機
鯖江 福井 福井駅 小松空港 小松 羽田
普通福井行 4月ダイヤ ANA758
1641 1655 1710 1809 1850 2005
終演18時なら,
電車とバスでは間に合わない
JAL192
1950 2055

最終便に接続する小松空港行バスは福井駅1810発です。終演18時とすると,このバスには間に合いません。鯖江駅から小松駅まで特急で進み,小松駅から小松空港へバスかタクシーでも無理です。サンドームから小松空港までタクシーで高速に乗れば間に合いそうな距離ですが,約2万円。そこまで出費するなら,新幹線よりも高くなります。

また,鯖江駅でもSuicaが使えませんので,飛行機で帰る場合も,鯖江・福井間の乗車券の事前購入をおすすめします。

安いのは新幹線なら一周だが,ダイヤの確認を先に

新幹線の日帰り・鯖江直行直帰の場合

東京都区内のJR駅から会場最寄りの鯖江駅まで直行直帰の料金は,下の通りです。

東京・鯖江間のいつ誰でも買える運賃・料金(通常期:円)*1
東京・鯖江の経路乗車券特急券往復合計
東海道新幹線・米原経由 (片道)
8420
(片道)
5910
28660
北陸新幹線・金沢経由 (片道)
8750
(片道)
7630
32760
東京→米原→鯖江→金沢→東京(逆回りも同額) 12960 13540 26500

乗車券は距離が長くなるほど1km当たりの運賃が安くなるため,一周する長い乗車券を作れる片道東海道・片道北陸ルートが最安です。その件は,目的地が福井駅の場合と同じで,別記事にしています。

安くなるポイントは,乗車券が東京都区内から東京都区内への一周で1枚になることで,福井や鯖江まで先に買ってしまうと,この価格になりません。買い方の注意も上記事を。

ただし,土日の休みでライブが目的だと,スケジュールがタイトなため,一周コースで行き帰りできるのか,先にダイヤの検討がよいです。

なお,一周で特別に安くなるのは乗車券だけなので,特急券だけの会員限定割引(エクスプレス予約のe特急券やJR西日本のe5489会員など)とは併用できます。それは会員の種類ごとにきっぷが多様なので,上の記事をどうぞ。しかし,乗車券と特急券が一体化した割引(エクスプレス予約のEX-IC)とは併用できず,かりに乗り換える米原で分割して購入しても,損です。

福井宿泊の場合

米原と金沢どちら側からアクセスするかで,必要な乗車券が変わります。(特急券は,米原から鯖江までと福井まで,金沢から鯖江までと福井までは同額で,比較検討が不要です。)

東海道・米原経由の往復

時間的に速い,東京都区内や横浜市内→米原→福井の乗車券は,鯖江駅で途中下車できます。公演へ直行,終演後福井で宿泊なら,鯖江でこの乗車券で途中下車,終演後その乗車券で鯖江乗車,福井下車まで,1枚の乗車券で足ります。

ですが,調べてみると意外な事実が。

乗車券の区間運賃(円)
東京都区内→米原→鯖江 8420
鯖江→福井 240
東京都区内→米原→福井(鯖江途中下車可) 8750

実は,東京から米原経由往復なら,鯖江で分割した方が,片道で90円安くなります。乗車券は長く買うと安くなるのが基本ですが,運賃は階段状に上昇するため,区切り目では,たまにこういう現象が起こります。

これはたまたまで,横浜市内発の米原経由往復では成立しません。

乗車券の区間運賃(円)
横浜市内→米原→鯖江 8210
横浜市内→米原→福井(鯖江途中下車可) 8210

ということで,米原経由の往復なら,東京・品川乗車の乗車券は鯖江までと鯖江・福井間を分けて買う,新横浜乗車の乗車券は福井までまとめて買うのが得です*2

このルートで,先に福井のホテルにチェックインして公演へ,終了後ふたたびホテルにと,鯖江・福井間を重複乗車する場合には,その分の乗車券(特急の場合は特急券も)が別に必要です。

北陸・金沢経由の往復

一方,北陸新幹線金沢経由の往復では,東京都区内などから鯖江まで通しで買うことで,福井や金沢での前泊か後泊だけなら途中下車の活用で済みます。鯖江の手前に福井や金沢があるからです。

たとえば,金沢乗り換え福井途中下車で福井のホテルにチェックイン,その乗車券で再び鯖江まで乗車できます。公演終了後は,鯖江発東京方面への乗車券で,鯖江から乗車,福井途中下車でホテルへ。翌日,その乗車券で福井から金沢方向へ出発できます。

東海道・北陸の一周ルート

一周する乗車券でも,ホテルの宿泊が戻らないような方向なら,途中下車していけば済みます。

たとえば,東京都区内→米原→鯖江→福井→金沢→東京都区内と一周する乗車券だと,次の行程をすべてカバーします。まず東京から東海道経由米原乗り換えで鯖江で途中下車,サンド-ム福井へ。公演終了後,鯖江から福井(または金沢)まで乗車し,再び途中下車で宿泊。翌日,福井(または金沢)から北陸新幹線経由で東京まで帰れます。この場合他に乗車券は要りません。

ただし,逆回りの乗車券(北陸先・東海道後)では,福井・鯖江間が重複乗車となり,その分の乗車券が別に要ります。

結局,ホテルと公演の順序どおりの方向で,北陸と東海道の順序を決めるのが安くなります。もちろん,公演前にチェックインして,公演後ホテルに戻って宿泊と,ホテルと会場を往復すると,米原経由往復の例と同様に,その部分の乗車券が別に必要です。

鯖江・福井・金沢の在来線はSuicaが使えません!

使う人が多そうな経路は,「速い米原経由で,福井駅近くのホテルに先にチェックイン,そこから戻る形で鯖江のサンドームへ,公演終了後ふたたび鯖江から福井へ戻り宿泊」でしょう。その場合,東京などから福井までの行き帰りの乗車券の他に,福井・鯖江を往復する分の乗車券(240円×2)が別に要ります。

ところが,鯖江・福井・小松・金沢駅の在来線改札,すべてSuicaが使えません。券売機はわずかで,地元の利用者に加え,前泊・後泊組,航空機利用者が券売機に集中すると,乗れるまでかなりの時間がかかります。JR西日本も,臨時にきっぷの手売りや,状況に応じた入場規制をするのでしょうが,限界があります。

必要な会場・宿泊地間の乗車券の事前購入を

そこで,ホテルや空港と鯖江駅間の乗車券などで,短距離でも必要なものは,事前に購入することをおすすめします。

f:id:KQX:20160319020850j:plain

上のような乗車券は,離れた東京など大都市のJR駅の指定席券売機でも,1か月前から買えます。たとえば,JR東日本の指定席券売機では,右下の黒の乗車券ボタンにタッチし,乗車日と発駅・着駅を指定すればよいです。これで改札に直行できます。

なお,先に書いたことですが,この区間の普通電車は2両編成が多く,状況によってプラス750円で自由席特急券を用意することも検討です。

不要になったら,よく乗る区間に手数料なしで変更可

もし,ホテルの変更などで,事前に購入した乗車券が要らなくなった場合,全国どのJR線の区間の乗車券にでも,手数料なく差額の精算だけで変更できます。有効期間内で乗車前1回限り

たとえば,鯖江→福井240円の乗車券が不要になったとき,そのとき発売している1か月後までの任意の日付の池袋→渋谷170円の乗車券などに変更できます。すると,70円戻ってきます。

変更の可能性がある場合,JR駅の指定席券売機で,現金で購入することをおすすめします。 クレジットカードやSuicaでの支払の場合,変更には支払時のカードが必要等の制約がかかります*3。また,旅行会社発券分では,手続きが面倒になることがあります。

航空機は早く買えば新幹線より安い

1ヶ月以上前の時点で,コスパが一番よいのは飛行機です。新幹線の一周コースよりも安くなっているのに驚きます。下はJALの4月23日の羽田小松便の空席と割引運賃の状況を,3月8日にキャプチャしたもの。

f:id:KQX:20160308190125j:plain

最も安いもので9890円から,日帰りのできる便でも11990円です。しかもまだ空いています。これに,小松空港・福井駅のバスが1250円,福井・鯖江間の乗車券が240円です。それを足しても,新幹線往復を下回ります。

問題点は,時間帯によっては,小松空港・サンドーム福井間の接続がよくないこと。たとえば,日曜の公演終了18時ごろとみて,小松発羽田行最終便1950発には,電車とバスだけでは間に合いません。車なら間に合う距離なのですが。航空機を選ぶのは,会場からの電車とバスの接続を確認してからです。ダイヤによっては,片道航空機,片道新幹線もありです。

50歳以上なら22000円で往復できる会員限定きっぷが

東京都区内から金沢までの北陸新幹線普通車指定席往復に,‥鯖江ー福井ー金沢ー富山‥の特急自由席に4日間何回でも乗れるフリーエリア付で,22000円。大宮からなら21000円。

大人の休日倶楽部会員限定・北陸フリーきっぷ|JR東日本

新幹線では最安値です。航空機も接続のバスと電車の料金を考えると,こちらの方が安くなります。また,このきっぷだけで,ホテルと会場の往復も特急自由席に乗れて,現地の券売機や窓口に並ぶ必要もありません。

ただし,50歳以上の会員限定で前日までの購入です。大型連休等を外した期間限定ですが,設定期間は4月9日から4月26日までや,5月9日から7月14日までと,サンドーム福井のライブの多くをカバーします。要注意なのは,4月26日まで使えるものは4月23日から有効で,4月22日までの発売という点です。4月24日から有効なきっぷは存在せず,4月23日には買えません。

宿泊ならホテルの多い最寄り駅は福井だが

鯖江はめがねフレームの生産日本一の街ですが,ホテルがあまりありません。ホテルが多い最寄りの都市は,電車で15分(特急なら9分)ほどの福井市です。前泊・後泊や連日観覧の場合は,福井宿泊がよくある選択です。

4月23日は鯖江・福井ともほぼ満室

ですが,サンドーム福井で過去最高の動員となるだろう4月23・24日の嵐公演に関して,じゃらんや楽天トラベルでは,4月23日の福井市にホテルの空室はないようです。21時終演とすると,電車で帰れるのは北陸と,4月23日は鯖江駅21時40分に臨時停車するサンダーバード大阪行で関西までだからです。

もっとも,行けなくなった方のキャンセル分の整理がどこかで出るはずで,それが今後の狙い目でしょう。

4月23日の金沢も埋まりつつある

鯖江から特急で1時間の金沢駅徒歩圏でも,めぼしいホテルは,4月23日の夜すでに埋まっています。たとえば,もっともゆったりしたホテル日航金沢や,コスパのよいホテル金沢,ビジネスでもあまり値上げしない東横イン金沢駅東口,金沢で客室数最大のためキャンセルも出やすいだろう金沢マンテンホテル駅前などです。

ですが金沢では,価格と駅からの距離次第で空いているホテルもまだあります。

21時ごろ終演とみて鯖江2151発・金沢2250着の特急で移動しても,金沢駅のタクシー乗り場は深夜・未明でもタクシーがいます。バスはほとんど終わっているものの,2300発と(金・土のみ)2330発の最終バスで香林坊や兼六園下までは行けます。未明まで飲食店が営業する繁華街・片町は香林坊から徒歩数分で,ビジネスホテルも点在します。

金沢駅2250着でも駅近で食事や飲みは可能

この時間でも金沢駅徒歩圏には,まだ食事や飲める店がそれなりにあります。

金沢港口に隣接するABホテル金沢2階のサイゼリヤ金沢駅西口店が24時まで,兼六園口を右に進んだ東横イン金沢駅東口隣のガスト金沢駅前店が24時間営業です。

海鮮もある居酒屋なら兼六園口側の駅近に複数。大きな店でも,台場・四分一などが金・土曜日に24時ラストオーダー,25時閉店です。

ただし,金沢駅徒歩圏には,夜を明かせるネットカフェがありません。それらは先の最終バスで香林坊下車のフリークスなどです。

写真がないと寂しいので,その香林坊から,嵐にしやがれに登場した金箔ソフトクリームを。

f:id:KQX:20160324033148j:plain

こちらはコーヒーなどと合わせられるカフェで,金沢・香林坊のはくいちカフェ・アトリオ店です。金沢東急ホテル向かいのデパート大和の地下1階。みなさん番組に出たひがし茶屋街の箔一東山店に行くのですが,そちらはベンチタイプの相席で,ゆっくりお茶したいなら,こちらもです。

それでは充実した遠征をお祈りします。

*1:通常期とは大型連休や学校の休みの期間とオフシーズンを除く時期で,4月では6~27日です。

*2:横浜市内→鯖江の場合は,計算上,南今庄で分割すると片道240円安くなりますが,きりがないのでこの辺で。
 究めたい方は,有益な乗車券分割プログラムを個人で公開しておられるhttp://bunkatsu.info/をどうぞ。諸計算にありがたく使わせてもらっています。

*3:変更や払戻しのシステムは以前より改善されていて,どのJRでも買える普通乗車券や特急券なら,JR他社でクレジットカードで購入された分も変更できます。たとえば,JR東日本で購入した普通の乗車券なら,JR西日本でも変更できます。
 しかし,JR各社独自の割引きっぷや旅行会社購入分については,購入時と異なる会社の窓口で変更や払い戻しに面倒が発生します。他社窓口では,有効期限内に窓口を訪れていて,以降そのきっぷを使わないことの証明(不乗証明)をするだけで,帰った後に購入会社の窓口を訪れ,変更や払戻し手続きに進む手順です。有効期間内の不乗証明がなく,帰ってから購入会社の窓口に行くと,有効期限後の申し出となり,変更や払戻しは不可です。