読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

ひがし茶屋街周辺の駐車場と満車時の代案

金沢の交通 混雑対策

駐車場はわずか,土休日は満車の想定を

ひがし茶屋街周辺の駐車場は,6台から15台の小規模のものが7カ所に散在します。さらに,6分ほど歩くところに,後で書く23台のコインパーキングが2015年に新設されています。各駐車場の位置は,下のマップのPマークです。

市営の3か所は,最初の1時間300円で以降30分ごと100円。民間のものは,2016年9月現在20分100円が相場です。安いのは,1時間以内なら民間,それ以上なら市営です。

ネットに満空情報があるのは,9台の名鉄協商パーキング金沢ひがし茶屋街前だけですが,他の駐車場の混み具合の目安になります。

各駐車場は小さく,列が作れないところもあり,土休日の昼間に満車になってから空きを待つのは一苦労です。兼六園や21世紀美術館には数百台規模の公営駐車場があるので,混雑時に車で観光なら,そちらに重点を置くことがすすめられます。

東山河畔観光駐車場は進入路に注意

ひがし茶屋街に最も近くて,台数が多く,待つ列が作れるのは,市営の東山河畔観光駐車場で14台。ただし,大通りからの浅野川岸の進入路は狭いのに,一方通行ではありません。列ができる,マップのオレンジ色のアプローチは,何もない平日なら次の写真のようですが‥

ひがし茶屋街に最も近い金沢市営東山河畔観光駐車場

最混雑時は下の写真のようになります。待つことはできますが,諦めて引き返すのは難しいです。

ひがし茶屋街に最も近い金沢市営東山河畔観光駐車場の最混雑時

写真は,2015年のお盆の昼下がりで,ナンバーなどは消してあります。対向車に加え,駐車場待ち以外の車も手前から奥へ通り,切り返しは難しいです。また,駐車場の先は,すれ違い不可能な狭さです。大型連休の昼間など,満車が続く時期にここに並ぶのは,ずっと待っても構わない場合に限られます。

この列から,Uターンせず大通りに戻るには,駐車場手前で左折,さらに左折して,マップの緑のルートに乗ることです。茶屋街に客を乗せてきたタクシーも,このルートで客を下ろして,帰ることがあります。

待てなければ,少し離れた駐車場へ

観光客の集まる混雑時には,まず大通り沿いの駐車場を目標に。すべて満車で長時間待つ予定がなければ,以下の代案が現実的です。大通り沿いの駐車場は,右折入庫ができない(センターラインにポールがあるなど)ので,過ぎて戻るルートを考えておくとよいです。

代案1:橋場町交差点南西側裏通り・まつ本跡のコインパーキング

周囲の駐車場が満車時の代案の一つ目は,少し離れた橋場町交差点の南西側(住所は尾張町)にあるファーストパーキング尾張町。マップの左下にプロットしてあります。

料理旅館まつ本の跡が2015年にコインパーキングになったもので,23台。ひがし茶屋街の広見まで,徒歩6分ほどです。

ゼンリンの地図情報をもとにしたGoogleマップでは,2016年8月に駐車場表示に改まりましたが,古いマップやカーナビでは旅館まつ本(尾張町)のままのものも。

このGoogleストリートビューは2015年5月撮影で,オープンの旗が立っている状態。満空表示は,北側の大通りから進入する段階で見え,判断は簡単です。

知られて混雑してきたためか,ストリートビュー撮影時点に比べて,土日祝日だけ20分100円に値上がりして,茶屋街に近い駐車場と同料金に。しかし平日は,近隣でまだ最安で,長く停めても市営のものを下回ります。

f:id:KQX:20161005012225j:plain

この道の奥は左折ですぐ,金城楼向かいの大通りに出られます。ここで駐車をあきらめる場合でも,切り返しやバックせず,そのまま先を左折で大通りに戻れます。なお,この進入路は一方通行ではなく,対向車とのすれ違いには注意を。

代案2:最寄りの大規模駐車場・近江町市場駐車場へ

そちらもだめなら,最も近い大規模駐車場は近江町市場駐車場(300台)。休日でも余裕があります。上のGoogleマップでは,左端をさらに左に進んだところ。

近江町市場のある武蔵ヶ辻周辺の大規模駐車場の満空情報はこちら。

武蔵地区 | 金沢市駐車場案内(満空情報)

大型連休でも全部埋まることはなく,この範囲の駐車場なら,以下のバスでひがし茶屋街まですぐです。この間や周囲に,数台程度のコインパーキングが何カ所かありますが,空きは運次第。大通り沿いなら下のバス停も近く,ひがし茶屋街までの時間はあまり変わらないため,停めてしまってもよいです。

近江町市場からひがし茶屋街へはバスが毎時約7本,歩いても15分

近江町市場駐車場の対面斜め左の武蔵ヶ辻バス停(箱を積み重ねた形のビル・かなざわはこまち前)から,北陸鉄道とJRバスすべてで,2つ目の橋場町下車でひがし茶屋街へ。バスは毎時7本程度,所要3分,片道200円。なお,近江町市場駐車場からひがし茶屋街まで,すべて歩いても約15分です。

近江町市場からひがし茶屋街へのバス
武蔵ヶ辻バス停(かなざわはこまち前)時刻表

この2カ所は周遊バスのルート上ですが,この区間は大きく迂回しています。それで,最短経路を行く上の路線バスの方が早く着きます。

なお,帰りの橋場町バス停(交番前)から武蔵ヶ辻・近江町市場バス停までは,行きと同じ尾張町経由のバスは同様のダイヤですが,それとは別に兼六園下経由のバスも加わります。兼六園下経由は,繁華街を迂回するため,武蔵ヶ辻までダイヤ上11分,最混雑時には30分かかる場合がありますので,ご注意を。

近江町市場の一部やめいてつエムザの買物などで無料サービスが

近江町市場の買物での無料サービスは,各店ごとの設定。扱わないお店もあるので,買う前に確認を。その金沢駅側の対面にあるデパート・めいてつエムザでは,税抜2000円で1時間,10000円で2時間無料のサービスあり。1階と地下に,お酒や工芸品を含め,おみやげが揃います。ここでおみやげを買って,駐車料金を浮かせるなら,めいてつエムザと3階で接続する名鉄スカイパーキングに停める方が便利です。

バス1日乗車券購入で1日上限800円になる武蔵地下駐車場も

その武蔵ヶ辻バス停から少し金沢駅寄りの武蔵地下駐車場(194台)では,市内各所をすべてバスで回る方のために,割引料金の設定があります。

駐車場窓口で北陸鉄道バスの1日乗車券500円を購入すると,駐車料金が1日最大800円です。(バス乗車券とセットで800円という意味ではないので,ご注意を。)車を停めたまま,他の観光スポットもすべてバスで回るなら,好条件です。

武蔵地下駐車場の最寄りバス停はリファーレ前で,金沢駅の一つ隣のバス停。そこからは,ひがし茶屋街最寄りの橋場町以外に,兼六園下や21世紀美術館(広坂下車)方向へもバスが数分おきです。

大型連休はパーク&ライドも

大型連休では,郊外の駐車場を無料開放して,パーク&ライドが行われることがあります。今回から,無料駐車場の多くで,金沢駅までの料金分の往復回数券(北陸鉄道バスのみ利用可)が渡されます。

2016年のゴールデンウィークの設定は,こちら。

GW(5/3,5/4)はパーク・アンド・ライドをご利用ください(金沢市)

すでに終了で,リンク先ページはなくなっていますが,今後実施されるときは,以下のページに案内があります。

観光期パーク・アンド・ライド(金沢市)

ひがし茶屋街へはNTT鳴和駐車場

過去の例では,ひがし茶屋街が目的なら,NTT鳴和駐車場(100台)が好都合。ひがし茶屋街前のバス通りを郊外に進んだ先で,空いた逆向きの路線バスが使えます。ここでもらえる回数券(240円×2)で,橋場町や武蔵ヶ辻(近江町市場最寄り),金沢駅まで往復できます。

徒歩3分の鳴和バス停からは,北陸鉄道バスが毎時4本,(もらえる回数券は使えませんが)JRバスが毎時3本以上あり,ダイヤ上6分で上のマップの橋場町バス停(交番前)に着きます。(北陸鉄道バスの金沢駅経由と彦三ひこそ経由のものだけ,橋場町を通りません。)

この経路は上流に観光地がなく,休日のバスは空いた状態で来ます。帰りのバスも,観光客の並ぶ金沢駅方向と真逆で,空いています。

なお,パークアンドライド実施駐車場はすべて,観光でよく使われる1日乗車券の有効区間外です。観光スポットをいくつも巡ると,もらえる回数券以外にバス料金がかかります。1日乗車券を買ってしまうなら,金沢駅兼六園口バス乗り場の他,近江町市場対面のデパート・めいてつエムザ1階,黒門小路左手入口入ってすぐ左が,最寄りの発売窓口です。

バス・タクシーや見どころは過去記事を

バスやタクシーでのアクセスや街歩きのポイントは,過去記事もどうぞ。