読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

ひがし茶屋街からの帰りの混雑緩和のため、橋場町バス停を移設(9月17日から)

観光向けの周遊バスを運行する北陸鉄道から、シルバーウイーク前の大きな変更が発表されました。

橋場町バス停乗り場変更および停留所新設について(9/17~) |北陸鉄道

ひがし茶屋街から金沢駅方面へ周遊バス左回りで帰る方には、すべて影響します

ねらい:この写真の行列をなくすこと

目的は、土休日の昼下がり、浅野川大橋上にできるようになった、

f:id:KQX:20150813165131j:plain

ひがし茶屋街から金沢駅方面のバス待ちの行列をなくすことです。このブログでも、回避策を過去記事にしていました。

(上の記事の回避策は、9月17日以降はほぼ要らなくなります。)

周遊バス左回りのバス停を、前後離れた場所に移設

解決策として、周遊バス左回りのみ、このバス停から前後に離れた位置に新設したバス停に移りました上の写真のバス停には、9月17日から周遊バス左回りは止まりません

移設先は、信号のある交差点を越えて、このバス停から見えない位置です。別の路線で写真のバス停で降りて、ひがし茶屋街に来た場合、帰りに周遊バスがここを通過して、初めて変更に気付くこともありそうです。最混雑時のように、しばらくは案内の係員がいることと思います。

新バス停は金城楼向かいと馬場小学校前の2カ所

以下のGoogleマップは移設後のバス停に修正済み。周遊バスが通過するようになったバス停は、マークを付けました。

おすすめは、金沢駅へのバスが増える金城楼向かいのバス停

移設先の橋場町(金城楼向かい)バス停は、下のの位置。ひがし茶屋街からは、浅野川を渡って進んだ老舗料亭・金城楼の向かいです。移設前後のバス停は、○からへの移動で、徒歩2分。

下のような端正な料亭の対面で、迷うこともないでしょう。

金沢・ひがし茶屋街最寄りの周遊バス左回り橋場町(金城楼向かい)バス停で,一般路線バスも含めすべてのバスが金沢駅へ

朗報は、このバス停には、一般路線バスの金沢駅行も毎時3~4本程度加わるため、周遊バスと合わせて金沢駅行が毎時約7本は確保されることです。これで、橋場町バス停での満員による次便待ちは、左回りについては解消されるでしょう。2分ほど歩く距離は伸びますが、待たされて満員という不安に比べれば、随分と改善です。

さらに、この金城楼向かいの新設バス停に止めるバスは、すべて金沢駅に行くという改善も計られました。誤乗や乗りそびれの心配もありません。

周遊バスの新路線図は公式サイトで

9月17日からの新バス停の位置と時刻を掲載したパンフレットは、この記事を修正している9月16日までに、北陸鉄道サイトに掲載されました。

時刻表付き新路線図(9月17日から)

金沢バスなびも改修されています

一般路線バスも含めて、金沢のバスを一括検索できて便利な金沢バスなびは、新バス停の位置がこの金城楼向かいに改められています。はじめて向かうバス停の場合,Googleマップによるバス停までの徒歩ナビが重宝します。