読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

JR東日本とJR西日本の割引きっぷは別,列車によらず安いのはJ-WESTカード会員のe早特1

東京・金沢間の回数券は発売されない

今回の開業区間で,きっぷの売り方として新しいのは,回数券を売らないことです。

北陸新幹線の回数券は,開業前からある東京・長野間までの発売だけ。それは継続発売です。しかし,東京から長野以遠の回数券は設定されません。そこで,金券ショップにも,回数券のバラ売りはありません。割引きっぷは,JRがその都度発売するものだけです。

割引きっぷはJR東日本と西日本で別設定

北陸新幹線で多少面倒なのは,JR東日本とJR西日本にまたがる新幹線ということです。JRが用意する割引きっぷも,JR東日本のえきねっと会員用モバイルSuica会員用と,JR西日本のe5489会員用,そのクレジットカードであるJ-WESTカード会員用に分かれます。

相手先の新幹線駅でも受け取れ,安い方を選べる

これら割引きっぷは,相手先会社まで含めた北陸新幹線駅など主要駅の指定席券売機や窓口で受け取れるようになっています。それで,安さで選ぶことができます。

たとえば,首都圏在住でe5489やJ-WESTカード会員になっても,東京駅で割引きっぷであるe早特1などを受け取れます。また,北陸在住でえきねっと会員になっても,金沢駅でえきねっとトクだ値の発券ができます。

受け取れない例外は,後述のように,JR東海などJR他社にかかるきっぷや,北陸地域の沿線以外の私鉄・第三セクターなどを含むもの。単純往復ではなく回遊する行程では,要注意です。

特定列車ならJR東日本のスーパーモバトク,それ以外はJR西日本のe早特1が最安

北陸新幹線の東京・金沢間片道で,どこでも買える通常の運賃と特急料金,さらにJR両社の各種割引きっぷを,通常期で比較すると,以下の通りです。

割引きっぷの種類 対象 合計(円) 特急券(円) 乗車券(円)
通常の運賃・料金 みどりの窓口
指定席券売機など
14120 6780 7340
えきねっと
トクだ値
JR東日本
えきねっと会員
12700 特定列車・区間のみ
当日午前1時40分までの購入
(メンテ時に例外あり)
スーパー・モバイルSuica特急券
スーパーモバトク
JR東日本
モバイルSuica会員
12030 特定列車・区間のみ
前日23時40分までの購入
モバイルSuica
特急券
JR東日本
モバイルSuica会員
13380  
eきっぷ JR西日本
J-WESTカード会員
13480 6140 7340
WEB早特1 JR西日本
e5489会員
12700 前日23時30分までの購入
e早特1 JR西日本
J-WESTカード会員
12130 前日23時30分までの購入

えきねっとトクだ値やスーパー・モバイルSuica特急券は,リンクにあるように一部列車のみの適用。これまでの東北・上越・長野新幹線での割引同様に,比較的空いた列車での席数限定で,時間帯によっては早いうちに埋まります。

一方,JR西日本のe早特1は,e5489のサイトでは今のところどの列車でも選択できるように見え,時間に制約のあるビジネス需要でも使えそうです。北陸新幹線の富山・金沢方面への往復が何度もあるのなら,結局J-WESTカード会員になり,e早特1を利用するのが最安です。

なお,J-WESTカードは,東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約機能のないベーシックタイプなら,前年の利用が1度でもあれば,年会費は無料です。

変更や当日購入可で最安はJ-WESTカード会員のeきっぷ

変更や当日購入できるもので最安は,J-WESTカード会員のeきっぷです。JR東日本にはこのタイプの割引きっぷの設定がありません。実は,東京・長野間などJR東日本の運行区間でも,そうです。

東京・長野間でも当日の購入・変更ならJ-WESTカード会員にメリット

そこで,東京・長野往復でも当日の変更や購入が続くなら,地域外のJR西日本のカード会員になった方がよいことが,ネットで指摘されています。2社運行で生まれた割引料金設定の違いを利用した裏技です。

ただし,JR東日本に当日ネットで変更や購入できるタイプの割引きっぷがないのは,その区間では回数券が継続して発売されていて,当日の座席指定もできるからです。つまり,東京から軽井沢や長野までなら,当日でも,金券ショップで回数券のバラ売りを買うのが最安。東京から長野までの区間の利用でJ-WESTカード会員になるメリットは,金券ショップに行く面倒なく,当日でも同様の割引になるところです。

相手先会社新幹線駅でも受け取れるのはJR東日本・西日本に収まるきっぷ

北陸新幹線の金沢開業以前は,JR東日本のえきねっと予約分,JR西日本のe5489分はそれぞれのエリアだけで受け取れていました。開業日からは,相手先会社でも,新幹線停車駅など特定駅の指定席券売機や窓口で受け取り可能になっています。その詳細は,公式サイトの通り。

北陸新幹線単純往復なら,相手先新幹線駅での発券ができ,問題ありません。

JR東海など沿線外の別会社を含むきっぷは受け取れない

ただし,これはJR東日本と西日本の2社間での提携です。この提携で受け取れるのは,JR東海や一部の他社線区間を含まないものという制約が残っています。

たとえば,JR東日本のネット予約・えきねっとでJR東海の列車(東海道新幹線など)を予約し,それをJR西日本の駅で発券することはできません*1。JRが3社以上からむと,基本的にだめです。

これとは別に,JR東海とJR西日本は,共同で東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約を運営しています。東海道新幹線のきっぷでも,エクスプレス予約のものは,金沢駅で発券できます。これはJR東日本がからまないからです。

例:金沢駅のみどりの券売機(えきねっとなどの多くも受取可)

金沢駅の指定席券売機(みどりの券売機)

JR各社のネット予約(e5489,えきねっとなど)を選択させる画面(金沢駅)

えきねっと,エクスプレス予約の選択画面

東京駅の指定席券売機(e5489も受取可)

f:id:KQX:20150504143307j:plain

米原乗り換えの乗り継ぎ割引は予約会社で発券が必要

北陸関連でありそうな失敗は,JR東海がからむ東海道新幹線米原乗り換え福井・金沢方面の乗り継ぎ割引です。それら特急券を,えきねっとで予約したものの福井・金沢などでの発券は不可,e5489で予約したものの東京駅などでの発券も不可です。その場合は予約した会社側での発券に限られます。もちろん,北陸新幹線との乗り継ぎや,JR東海がからまない特急券だけなら,行き先で問題なく発券できます。

このほか,相手先JRの窓口・券売機等で発券できないのは,両者独自の特殊なきっぷで,株主優待,大人の休日倶楽部(JR東日本),おとなび(JR西日本)などがあります。

開業前の割引きっぷは,金沢以西発米原経由東京往復のものを除いて終了 

これまでは金券ショップでバラで売られていた,東京から北陸往復のための北陸回数券(1枚当たり10950円),北陸から東京往復のための首都圏往復フリーきっぷ(往復22950円)などは,それぞれのページの有効期間の記述にあるように,販売終了です。(ここのリンク先ページは,すでにJR東日本,西日本のサイトからなくなりました。)

北陸新幹線開業後も残るのは,金沢・小松・加賀温泉・芦原温泉・福井などから設定されている,米原乗り換え東海道新幹線経由で東京往復ができる東京往復割引きっぷです。金沢発往復26000円,福井発往復25590円などが,米原乗り換えのルートで引き続き利用できます。多くの指摘があるように,東京・福井間片道では,金沢経由よりも米原経由の方が安く,速いまま残ります。

ただし,上の割引きっぷの設定のない東京から福井往復は,片道東海道,片道北陸と一周すると安くなります。それは別記事に。

50歳以上の会員向け割引きっぷも別記事に

JR東日本と西日本それぞれにある50歳以上の割引会員(大人の休日倶楽部とおとなび)なら,オフピーク期間限定で発売される北陸フリーきっぷ,首都圏往復フリーきっぷもあります。

東京から金沢往復でも,金沢から東京往復でも,行き先のフリー区間を含んで,22000円と驚くような安さです。それについても,別記事に。

*1:自然な行程なのに,発券できない事例を一つ。
  東京からの金沢出張で,次の用務先の名古屋に寄ってから,東京へ帰る場合,JR東日本のえきねっとで金沢→名古屋のしらさぎの特急券を予約することがありそうです。その際,現地での変更の可能性を考えて,金沢駅からの乗車時に発券するつもりで,未発券で金沢まで来ると詰んでしまいます。券売機の前で発券不可に気づきスマホで払い戻し操作をしても,前日と当日なら手数料30%が差し引かれます。払い戻し操作が間に合わなければ,購入した代金すべて流れます。
  JR東海区間に入る名古屋でなく,JR西日本だけで行ける京都・大阪・山陽方面への特急券なら,金沢駅で発券できたのですが。なお,金沢→名古屋の特急券も,JR西日本のe5489で予約していれば,金沢駅で発券可能です。