読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線で行く,はじめての金沢

お庭,お菓子,お魚,お酒が揃う城下町をまわるため,金沢出身・東京在住者が往復しながらヒントを書いていきます。

観光には周遊バスと兼六園シャトル,混雑時は一般路線バスも役立ちます

金沢の交通 金沢のバス

3つの観光路線:周遊バス(左・右回り)と兼六園シャトル

金沢には地下鉄も路面電車もなく,観光用のバスを,北陸鉄道が運行しています。金沢駅から大きく一周する周遊バスの左・右回りと,兼六園の回りだけ周回して,同じルートで帰る兼六園シャトルです。

予習には,北陸鉄道が用意している時刻表付き路線図が便利で,まとめると以下の通り。バス乗り場は,金沢駅兼六園口(東口)出て左すぐの6,7番。なお,金沢駅の出口は2方向で,兼六園口=東口,金沢港口=西口です。

路線名間隔ルートとおもなバス停(最寄り観光スポット)運賃
周遊バス
左回り
15分 金沢駅東口7番→武蔵ヶ辻・近江町市場→広小路(忍者寺・にし茶屋街)→広坂・21世紀美術館→兼六園下・金沢城→橋場町(主計町・ひがし茶屋街)→金沢駅 200円
周遊バス
右回り
15分 金沢駅東口7番→橋場町(ひがし・主計町茶屋街)→兼六園下・金沢城→広坂・21世紀美術館→広小路(にし茶屋街・忍者寺)→武蔵ヶ辻・近江町市場→金沢駅 200円
兼六園
シャトル
20分 金沢駅東口6番→武蔵ヶ辻・近江町市場→広坂・21世紀美術館→県立美術館・成巽閣→兼六園下・金沢城→広坂・21世紀美術館→武蔵ヶ辻・近江町市場→金沢駅 200円
(土休日
100円)

兼六園・金沢城と21世紀美術館などは,3路線すべて経由します。その他,ひがし茶屋街などは周遊バスだけ。目的地に応じて,大回りにならないものを選べばよいです。いずれも,金沢駅で定時発車まで停車しますが,金沢駅を越えてそのまま乗車できます。

平日は3回以上乗車で1日乗車券が得

以上3つと,市内中心部の一般のバス路線(北陸鉄道グループのみ)に1日何回でも乗れる,1日フリー乗車券(500円)があって,多くの観光客が7番乗り場そばの売場で買っています。これらのバスに1日3回以上乗るなら,結局得だからです。

さらに特典として,1日乗車券の呈示で50円ほど割引になる観光スポットが,21世紀美術館の有料エリアやひがし茶屋街の重要文化財志摩,長町武家屋敷の野村家など,かなりあります。割引を何度も受けると,2回の乗車でも有利なことが多いです。なお,施設の割引は,券面にスタンプされる乗車日だけなのに注意を。

土休日だけ兼六園シャトルが100円に値下げ

ただし,土休日だけ,兼六園シャトルが100円に値下げ。後で書く,土休日限定のまちバスも100円です。この2路線が通る兼六園・金沢城と21世紀美術館だけなら,土休日は200円で往復できます。なお,兼六園真弓坂口と21世紀美術館は,広坂交差点の対角線上で,入口の間は徒歩約3分です。

100円のバスは,安い分,他のバスより特別に混みます。そこは,乗り場の列で判断を。まちバスのことは別記事にしました。

大型連休などは1日乗車券の購入窓口が長い列に

得になることの多い1日乗車券は,バス利用の観光客にはかなり普及しています。大型連休などは,金沢駅の周遊バス乗り場に最も近い,7番乗り場後ろの販売ブースに,長い列ができます。混雑期は,以下に書く他の窓口も含めて,買えるときに買ってしまうのがおすすめ。乗車日を言うと,翌日以降の使用分も買えます

車内売りはすでに廃止

以前はあった車内売りは,遅延対策などのため,なくなりました。古いガイドブックやJRの時刻表などでは,車内売りの説明が残っていますので,ご注意を。

近江町市場向かいや主なホテルでも購入可

1日乗車券の売場は,以下の通り:

  • 北陸鉄道バスの窓口
    • 金沢駅東口1番乗り場斜め後ろ,7番乗り場後ろ
    • 武蔵ヶ辻(近江町市場向かい,めいてつエムザ1階・黒門小路の左側入口)
    • 片町バス停(周遊バス左回り乗り場前)
  • 金沢駅ビル・新幹線改札向かいにある金沢市の観光案内所
  • 主なホテルのフロント
    常備されているのは,ホテル日航金沢,ANAクラウンプラザホテル金沢,金沢東急ホテル,金沢都ホテル,金沢ニューグランドホテル,金沢国際ホテル,ANAホリデイ・イン金沢スカイ,ホテル金沢,金沢白鳥路ホテル山楽,KKRホテル金沢,ガーデンホテル金沢,金沢セントラルホテル,金沢マンテンホテル,ホテルエコノ金沢駅前,兼六荘です。状況により,売り切れや変更もあります。

金沢駅では新幹線改札対面の観光案内所や1番乗り場側の利用も

金沢駅の他の売場としては,駅構内の新幹線改札正面斜め右にある金沢市の観光案内所や,1番乗り場側の高速バスのチケットなどを発券する建物(北鉄駅前センター)があります。7番乗り場後ろの売場の列がかなり長ければ,その2カ所も利用できます。

http://arj.hokutetsu.co.jp/timetable/img/mainbusstop/1.gif

上の地図は,北陸鉄道のサイトのものです。

出典:http://arj.hokutetsu.co.jp/timetable/img/mainbusstop/1.gif

右回りのバスも大型車化で混雑は均等に

周遊バスの右回りは小型だったのですが,2016年4月から大型車に変更されました。混雑は均等化されて,回り方の工夫もほとんど不要です。

それでも,並行する一般路線バスが少ない区間では,混雑は多めに。 写真は21世紀美術館からひがし茶屋街方向へのバス停に周遊左回りが来たところ。2016年,桜が開花した頃で,春休みの平日の昼下がりです。

f:id:KQX:20160401230707j:plain

並行する一般路線バスがない乗り場なので,列は長め。これでも困らないのは,左手前にあたる別のバス停に,武蔵ヶ辻・近江町市場経由の金沢駅行が毎時6本は来ているからで,そちらは待ち行列がほとんど残りません。また,写真のバス停の付近には,タクシーが客待ちしていて,急ぎでも大丈夫です。

近江町市場・21美までは一般の路線バスも使うと数分間隔

とくに,金沢駅→武蔵ヶ辻・近江町市場→香林坊→広坂・21世紀美術館なら,一般のバスもあわせて,昼間数分間隔で頻発。3番乗り場のすべてと6番乗り場の兼六園シャトル,7番乗り場の香林坊経由便が通ります。北陸鉄道バスなら,1日乗車券も使えます。

また,この広坂・21世紀美術館バス停から,兼六園の真弓坂口は,交差点を斜め左に渡り,徒歩で3分程度。周遊バスの待ち行列が長ければ,兼六園へ徒歩移動をおすすめします。

1日乗車券はJRバス,まちバスでは使えません

なお,北陸鉄道以外のバスに1日乗車券は使えません。一部区間で観光に役立つのは,JRバスと土休日限定のまちバスです。JRバスは,全路線がひがし茶屋街最寄りの橋場町を通ります。まちバスは金沢駅と21世紀美術館間などです。それらは過去記事に。 

とくに,ひがし茶屋街最寄りの橋場町バス停で,バス待ちの行列が長い場合,空いたJRバスなどが来たら,追加の200円を払って乗るのもありでしょう。

JRバス・まちバスは,かわりにSuica,ICOCAが利用可

そのかわり,JRバス・まちバスは,Suica,ICOCAなど,交通系ICカードの全国相互利用に参加しています。 

このうち,JRバスは,後ろから整理券をとって乗り,降りるとき払う方式。Suicaなどの場合は,乗るときにタッチ,降りるときにもタッチです。乗るときにタッチしていないと,エラーが出ますのでご注意を。

まちバスは全区間100円均一で,Suicaなども降りるときだけタッチです。